ニュース

2019/08/13

ルノー・メガーヌR.S.のフルオーディオ!

今回はルノー・メガーヌRSの事例ご紹介です。

今回のメニューは「ほとんど全部盛り」といったところです。
最近のスタンダードだと、3回か4回くらいのステップアップでたどり着くシステムを、一発で組みました。

車両側のマルチメディアシステムをソースとし、ヘリックスのアンプ内蔵DSPの P-SIX DSP Mk兇貌れて、FOCALの2wayセパレートモデルES165KX2と、CerwinvegaのパワードサブウーファーVPAS10を鳴らします。

ソースの充実のために、アルパインの地デジチューナーTUE-500と、ご愛用のiPod♪をDSPにデジタル入力するためのオーディオテクニカ製デジタルトランスポートも取り付けました。

今回はインフラ面の充実もポイントです。
これらの役者たちにしっかり仕事をしてもらうために、オーディオテクニカの安定化電源AT-RX100と、スピーカーの逆起電流対策製品SPEC社製RSP-C3LTDも組込み、電源・RCA・スピーカーの各ケーブルもハイエンド製品で固めました。

メガーヌのホットモデルRSの走りに負けない、充実のオーディオシステムが組み上がりました♪

ルノー・メガーヌRSのサウンドアップの様子はコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=915

2019/08/06

マクラーレン降臨!DSP・スピーカー・ナビ増設でパワーアップ♪

今回はマクラーレン540Cの事例ご紹介です。

ブレグジットで大揺れ中のイギリスの名門、マクラーレン製のロードゴーイングカーです。
レース界では1960年代から活躍する重鎮で、市販車の歴史は1993年発売のマクラーレンF1から始まっています。
一貫してワイド&ローのスーパーカースタイルを堅持しで、質・価格ともにハイエンドなクルマを供給しているブランドです。

今回はそんな由緒正しいスーパーカーのサウンドアップ&ナビ取り付けです。

オーディオは、同じイギリスのオーディブランド「Bowers & Wilkins」の名を冠した、12スピーカーから成るオプションがついていましたが、フロント3wayに絞った音作りを目指して、JBL製スピーカーに入れ替えたうえで、オーディソンの最新DSP、AP F8.9bitを投入しました。

合わせて、標準の縦型モニタのナビの使い勝手がイマイチとのことで、パナソニックの7インチポータブルナビを投入。
質感の高い室内への馴染みと、既存のスイッチ類の操作性を考慮して、可倒式のスタンドをカスタム製作して取り付けました。


低いボディ、タテに開くドア、最高速320キロのエンジン。
そして緑色!とどこからみてもスーパーカー!の事例です。
どうぞ御覧ください♪

マクラーレン540Cのサウンドアップの様子はコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=914

2019/07/30

BEWITHのBMW用KITでMをサウンドUP♪

今回はBMW140iの事例ご紹介です。

1シリーズをベースにしたMバージョンで、3000cc直6ターボ、340馬力を誇るモデルです。
同じボディの118iは1500ccで136馬力ですので、かなりアツアツですね。
装飾は質素なので、止まっていると大人しい雰囲気ですが、イグニッションONで狼になっちゃいます!

今回のメニューはBMWブライトオーディオパッケージF1によるフロント2wayスピーカー交換です。

選べる全11ブランドの内、今回は同パッケージ初登場となる、BEWITHのLF-BMF30(税別11万円)をお選びいただきました。
BEWITH独自のアルミニウム-マグネシウムのハイブリッド振動板と大型マグネットが生み出す、絵に描いたようなピュアネスが特徴の製品です。
専用バッフルが付属するのは他キットと同様ですが、メーカーに依って対応がまちまちなフィルターは、ツイーター→ハイパスフィルター、スコーカー→バンドパスフィルターとこだわり仕様です。

このハイエンドユニットの性能をしっかり引き出すべく、入念にドア防振を行って、きちっと仕上げました。

BMW140iのサウンドアップの様子はコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=912

2019/07/23

三菱エクリプスクロスをブルームーンスピーカーでサウンドアップ♪

今回は三菱の新SUV!エクリプスクロスの事例ご紹介です。

昨年(2018年)3月発売で、RVR、アウトランダーと並んで、三菱SUVカテゴリの一角を担うモデルです。
世界戦略車の位置づけのクルマらしいので、これからの活躍に期待したいところです。

今回はサウンドアッププログラムによるスピーカー交換をご依頼いただきました。

スピーカーは、当店での評価が大変高いブルームーンオーディオのベーシックモデル、SX165です。
これを、MDFバッフルを介して取り付け、ツイーターは標準の位置で入れ替え、スピーカーケーブルを引き直して、ドア防振で足場を固めて仕上げました。
気になる外観は一切変更なしです♪

車種問わずご用命いただける、ごくごく標準的な内容ですので、検討材料としてご覧になってみてください(^o^)

三菱エクリプスクロスのサウンドアップはコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=911

2019/07/16

S15シルビアをJBLでサウンドアップ♪

今回は日産シルビアの事例ご紹介です。

車好きの間ではドリ車の代名詞として知られ、シルビアというよりもS13,S14といった型式だけで呼ばれる機会が特に多い車です。
今回は7代目となるS15にJBLのスピーカーとアンプでイマドキサウンドでドライブを楽しくする要素をプラスアルファしました。

HKSテクニカルファクトリー様のご紹介で、盗難防止装置の取付でご来店いただいたのがファーストコンタクトでしたが、やはり音の方も、、という流れになり、マフラーの音に負けないコシのある音を目指してやってみましょう。ということになりました。

スピーカーブランドは、HKSのデモカーだったR35 GT-Rに搭載されていたところから馴染みを感じていただいていたJBLご指名で、サウンドアッププログラムによるフロント2way化、外部アンプ搭載に加えて、マフラーに対抗するヘビーベースを演出するパワードサブウーファーも追加しました。

その他多くのお客様と同様、納車後は恒例の遠回りドライブをお楽しみいただけたようです♪
喜んでいただけて何よりです(^o^)

日産・シルビアのサウンドアップはコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=909

2019/07/09

ラシーンをカロデッキ&スピーカー交換でリフレッシュ♪

今回は日産・ラシーンの事例ご紹介です。

アラフォーからアラフィフの世代の方は、特に懐かしく感じるクルマじゃないでしょうか?
Be-1(87年)、PAO・エスカルゴ(89年)、フィガロ(91年)と続いた、日産パイクカーシリーズのアンカーを努めた名車で94年生まれ、2000年までの6年間に渡って販売されたクルマで、活動的な印象に絡めて、キャラにドラえもんを起用。キャッチコピーは「新・ぼくたちのどこでもドア」でした。

そんな名車も発売から25年。一番新しいモデルでも19年目ですので、オーディオもそれなりに劣化しています。
CDレシーバー、前後スピーカー、前後ドラレコ、ETCと現代の主要装備を予算内でセッティングさせていただきました。

音質については、とても喜んでいただけまして、当店もハッピー♪
どこでもドアのように活躍してくれるとうれしいですね(^o^)

日産・ラシーンのサウンドアップはコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=907

2019/07/02

ホンダ・フィットをカロスピーカーとジュラルミンバッフルでサウンドアップ♪

今回はホンダ・フィットの事例ご紹介です。

仕事場への移動でお使いになるのがメインなので、癒し&リフレッシュ空間とすべく、オーディオをグレードアップしたいとのご意向をお伝えいただきました。

予算もそれなりにご用意していただけるということだったので、通常のサウンドアッププログラムのMDFバッフルをアルミバッフルに変更し、先々の外部アンプ/DSP導入も視野に入れて、ドア防振をデッドニンググレードで施工させていただきました。

そして肝心のスピーカーは、音質・ツイーター外観の質感、価格のバランスが素晴らしいカロッツェリアV-173Sをセレクト。
バイアンプ接続対応ネットワークのメリットを活かすべく、ナビのフロント/リア4chの内蔵アンプを全部フロント側に割り当ててセットアップしました。

納車の際は、非常〜に喜んでいただけて、とてもハッピーな気分になれました(^o^)♪
良いコンディションでお仕事に取り組んで、車内でゆったりと癒されてご帰宅、、という理想のワークスタイルが実現できるといいなと思います。

ホンダ・フィットのサウンドアップはコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=906

2019/06/25

116iをBLAMのスピーカーキットでサウンドアップ♪

今回はBMW1シリーズから、116iの事例ご紹介です。

多くのBMWオーナー様にご高評いただいております、BMW向けワンストップサウンドアッププランである、BMWブライトオーディオパッケージにて、BLAM製スピーカーキットを使って施工いたしました。

1シリーズの標準オーディオはドアスピーカーとシート下ウーファーの2wayですが、当パッケージ適用後は、ツイーターも加わった3way構成にグレードアップいたします。

加えて今回は、再生系も手を入れました。
オーナー様がご愛用だった、カロッツェリアハイエンドデッキDEH-P01をグローブボックス下に取り付け、付属の6chアンプを使って3wayマルチシステムにしました。
フロントスピーカーをハイローコンバーターに入れてローレベルに落とし、AUX入力しています。
メインソースは純正デッキですので、DEH-P01は通常触らず、贅沢デジタルプロセッサーとしての位置づけになりますね。

音の出口はしっかりグレードアップ&入口の方も手持ちの機材活用でDSPマルチ化で、これでいいじゃん♪的な事例となりました。

BMW116iのサウンドアップはコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=905

2019/06/18

ボルボV60をフルカロッツェリアでサウンドアップ♪

今回はボルボのV60の事例ご紹介です。

最初にご来店いただいたのが2018年で、とりあえずフロントとアンプということで、カロッツェリアのフロント2wayスピーカーTS-C1730Sと、4ch外部アンプGM-D8400をインストールさせていただきました。

そして本年に入り、低音域の強化ということで、エンクロージャータイプのサブウーファーユニットTS-W2520 + UD-SW250Dと、サブウーファー駆動用のモノラルアンプGM-D8100とステップアップ♪

インストール費用を除く、ここまでの機材代は115,000円とだいぶリーズナブルですね。さすがカロッツェリアです。

初回インストール時は、できるだけ外観に変更がないようにとのことで、アンプもリヤシートの下に仕込むという控えめなスタンスでしたが、ドカンと箱型サブウーファーにジャンプアップされ、さらなるグレードアップもお考えのようで、ノリが加速してるような↑↑(^o^)↑↑
今後が楽しみです♪

ボルボV60のサウンドアップはコチラです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=901

2019/06/11

MINI JCWをカロスピーカー交換でサウンドアップ

今回はMINIの事例ご紹介です。

MINIの中でもホットなジョンクーパーワークスモデル。
当インストールギャラリー初登録となったコンバーチブルモデルに続く、2台めの登場です♪

プランはサウンドアッププログラムによるドアスピーカーの交換です。

同車の標準オーディオだと、フロントはドアとシート下ウーファーの2wayで、これを3way化するキットがありますが、今回はドア側のスピーカーのみをグレードアップするリーズナブルなプランです。

当初、カロッツェリアから新発売されたBMW向けキットをご検討中と伺いましたが、ドアスピーカーのみのトレードインとしては、音質アップへの寄与度の低い材料があったり、必要なものが足りなかったりという内容でしたので、キットと同水準の汎用スピーカーを使った施工を提案させていただきました。

結果は良好。ご満足いただけたようで、熱のこもったサンキューメールを頂戴しました(^o^)♪

MINI JCW(F56)のサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=899

2019/06/05

VOXYを前後ブルームーンスピーカー交換でサウンドアップ

今回はヴォクシーの事例ご紹介です。

お迎えした車両には、プレミアムダブルツィーターシステムという高額オプションを組み込んでありましたが、お客様のお好みと傾向が違うとのことでご相談を受けました。

試聴させていただくと、車室内全体をひろく包み込むような焦点のひろい音がしまして、パッセンジャー全員が平均的に満足できるような音でした。当然のことながら、ドライバーの耳にキリッと音像を突きつけるようなシャープネス、いわゆるハイファイ的な音とは方向性が違うため、お客様のご不満につながっているんだろうと判断をしました。

改善策として、ドアウーファーとツイーターの2wayを交換し、一定の効果を得ましたが、ふっくらと広がる味付けから抜け出せず、オプションに含まれるのDSPアンプを取り外して、T-connectナビの内蔵アンプで鳴らす方法に変更し、ご満足いただくことが出来ました。

オプション費用は無駄になっちゃいましたが、結果にはご満足いただけたようなのでよかったです(^o^);

ヴォクシーのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=898

2019/05/28

BMWX2をブルームーンオーディオのスピーカー交換でサウンドアップ♪

今回はBMW X2の事例ご紹介です。

Xシリーズには、現時点でX1からX6までの6車種がラインアップされておりますが、X2が最後に加わった一台です。

このクルマは、標準オーディオの状態だと、フロント2way+リヤの6スピーカーで、フロント2wayに関しては、他シリーズの標準オーディオと同様、ドアハンドル付近の10cmとシート下の16cmから構成され、ツイーターは含まれません。

これを今回、BMWブライトオーディオパッケージのF1によって、フロント3way化、ドア防振で再生環境をしっかり整えようというプランです。

スピーカーは、店内で高評価の続くBLUE MOON AUDIOからリリースされている3wayキットBMA-F30FSをセレクト!
オーディオ的にアドバンテージのある天井の高いキャビンが、上質なオーディオルームに生まれ変わりました♪

BMW X2のサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=897

2019/05/21

ギブリをJBLフラッグシップ660GTiでサウンドアップ♪

マセラティ、とっても人気ですね!
以前にも増して、街で見かける機会がとても増えた気がします。
当店でも、クアトロポルテと並んで、お問合せ・ご用命の機会が増えているクルマです♪

今回お迎えしたギブリのメニューはサウンドアッププログラムによるスピーカー交換です。
ユニットはJBLのフラッグシップモデル、660GTiです。(前車から移設)

純正アンプが各スピーカー毎に1ch用意されているマルチアンプ方式でしたので、660GTiの立派なバイアンプ接続対応ネットワークの真価が発揮できます!
ツイーターとウーファー用の出力をそれぞれ接続し、相互の影響を排除した、よりクリアなサウンドを手に入れることができました。

スピーカーケーブルの引き直しに丸一日を要してしまう苦労もありましたが、シックなレザーインテリアの外観を損ねることなく、パワフルなJBLサウンドを堪能できる一台が出来上がりました♪

マセラティ・ギブリのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=896

2019/05/14

カムリをJBLのフルシステム+カロDSPでサウンドアップ♪

今回はトヨタ・カムリの事例ご紹介です。

初期型は1982年(昭和57年)と、実に37年もの歴史を誇る車です。
コロナの後継という位置づけでデビューし、以来、ゆったりした上級セダンとして長きに渡って愛されてきたモデルです。
今回、調べてみてわかったんですが、車名の由来は冠(かんむり)だそうで、異なる語形で「かむり」と読むんだそうです。なんだか妙に感心してしまいました(v_v)


さて、そんな由緒正しいネーミングのカムリのオーダーは、JBL CLUB コンプリートパッケージType3をベースにしたアップグレードプランです。

JBL CLUB コンプリートパッケージは、純正ヘッドをソースとし、アンプ、スピーカー、30cmサブウーファーから構成されるフルシステムのプランです。
フルシステムといってもピンキリですが、JBLの中・低価格帯の製品でバランスよくそろえ、ドア防振、インナーバッフル、スピーカーケーブル交換といった環境整備も含めて、Type3(フロント2way+4chアンプ)で168,000円(税別)、Typo5(フロント2way+リヤ+5chアンプ)で258,000円(同)でご提供しています。

今回は、このType3をベースに、カロッツェリアの新製品DSP、DEQ-1000Aを加え、パッケージ標準の4chアンプ JBL CLUB 704)を5chのCLUB4505にアップグレードして、外部アンプ駆動式のマルチシステムとしてセットアップしました。

大径サブウーファーで土台のしっかりした上質サウンドを得て、上質セダンのドライビングプレジャーが更にアップしました♪

トヨタ・カムリのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=895

2019/05/08

KICKERのスピーカー交換でジープ・ラングラーをサウンドアップ♪

今回はジープ・ラングラーの事例ご紹介です。

細道でハチ合わせしたら、思わず全力バックで逃げ出してしまいそうな面構えですね!
切れ上がったフェンダーも威圧的ですが、それ以上に目が怖すぎです(笑)

今回は、そんなラングラーの戦闘力を更にアップする!?サウンドアップです。

スピーカーブランドはパワフルなジープにぴったりなKICKERで統一!
フロント2wayセパレートスピーカーと、リアのコアキシャルスピーカーを16センチモデルのKSS6704/KSC6704に交換し、パワードサブウーファーHS8で低域もしっかり充実させました。

ナビヘッドの内蔵アンプ駆動ではありますが、車室の容積が比較的小さめなこともあり、結構ガンガン鳴らせるマシンに仕上がりました!

それでは施工の様子をご覧ください♪♪

ジープ・ラングラーのスピーカー交換の様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=894

2019/8

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2019/9

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2019/10

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

空き

残り1台

満杯

イベント

休業日


オーディオイベント開催予定♪

2019年8月

  • キッカーサウンドミーティング2019

2019年9月

  • 2019 East Japan Sound Contest
  • R's ミーティング2019
  • BMA MEETING中部
  • カーエンジョイフェスティバル Vol.14
  • ACG2019 in 中国九州
⇒詳細はイベントページで確認!



リーダーをお使いの方はRSS登録を!
1.0:http://www.soundpro.jp/index.rdf
2.0:http://www.soundpro.jp/index.xml

インフォメーション

【ご確認願います☆】
取り付け商品の持ち込みについて


【お知らせ】






当店人気のブルームーンオーディオスピーカーのページを作りました。試聴インプレを含めて解説中です♪
全国のお客さまに感謝です!
3年連続でセールス全国トップで表彰されました!






Cクラスオーナー様お待たせしました!
ブルームーンオーディオのスピーカー投入で純正オーディオをガツン!とグレードアップします♪



スープラおまかせください!
施工例ドーンと10例ご覧いただけます!


ヴェルファイア・アルファード専用ページリニューアル!


【インストールギャラリーPickUp!】

マツダコネクト車でも全然モンダイなし!!
お任せください♪



MINIが着々と入庫中!!
New!5ドア用JBLトレードインキットも好評!



フィアット500/アバルト500・595ご来店ご用命ありがとうございます☆


スバルXVの入庫も元気にスタート!JBLスピーカーでボクサーエンジンの低音ノイズに対抗!!




【新商品】

ハイエンド素材として有名な白樺(しらかば)合板のリングバッフル登場!
ダンピング良好。豊かな余韻。


トヨタ車へのツイータートレードインの必需品!


逆起電流を解消してクリアサウンドを手に入れる。

スピーカー至近に取り付けて逆起電流解消を図るリアルサウンドプロセッサーが好評です!

★DIYインストールのキモ!防振防水加工もおまかせ下さい↓




BMW用トレードインキット充実!



☆プラスマイナス同時引きこみバッ直☆
根強いご支持ありがとうございます!



【イチオシ】




【これもイチオシ】







先月の人気ランキングTOP5


1位 デッドニングとドアチューニング(ドア防振・ドア制振)の技術と工賃 (5755)

2位 インナーバッフル・アウターバッフルを自作してみよう! (3409)

3位 デミオスピーカー交換・デッドニング作業解説! (2396)

4位 バッ直電源を見直そう☆プラスマイナス同時引き込みのススメ♪ (1648)

5位 ヴェルファイアアルファードスピーカー交換・デッドニング作業解説!NEW!!! (1442)


2007/4/1〜


RSSについて