ニュース

2021/05/02

ジュリアをDSPとブルームーンスピーカーでサウンドアップ♪

アルファロメオ・ジュリアのサウンドアップ事例です。

ジュリエッタ、ステルヴィオと並ぶアルファロメオの人気セダンです。
現モデルになってから5年ほど経ちますが、当店では初めての事例ご紹介になります。

オーナー様は7年ほど前に、当店をご利用いただいたお客様です。
新車でご購入になったジュリアには、12スピーカーを誇るハーマンカードンのプレミアムオーディオが装備されてましたが、キリッとした音像と対峙するような感覚は得られず、環境改善でご相談いただきました。

前提としてDSPの導入で検討を開始しました。
システムから出力される12チャンネルのうち、フルレンジ信号を合成するには7チャンネルを取り込む必要があります。入力するチャンネル数に合わせてDSPを選定するのが一般的ですので、主流の6ch入力対応よりも格上の製品が対象になりますが、DSPの制御下に収めるスピーカーはフロント2way+サブウーファーの5chだけでよいという条件でしたので、条件を満たす範囲でコストを抑えられるようにプランしてみました。

方法としては、チャンネルミキサーという製品を使って、あらかじめチャンネル数を2chに絞り込み、5チャンネルのアンプを備えたリーズナブルなDSPを組み合わせるというものです。
これでブルームーンオーディオの2wayスピーカーと、以前お求めいただいたJBLの30センチサブウーファーを鳴らす格好でシステムを組みました。

アルファロメオ・ジュリアのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1044

2021/04/25

タイプRをフルBLUE MOON AUDIOでサウンドアップ♪

今回はシビックタイプRの事例ご紹介です。

コアなホンダファンに愛されつづけるタイプRですが、このFK8型に関しては、イギリス工場の閉鎖もあって、とうとう新車で買えなくなってしまったようですね。
次期モデルに期待したいところです。

今回登場のタイプRは、その最終ロットのなかの一台。今年の3月に納車されたばかりの個体です。
昨年9月に初めてご連絡いただき、時間をかけてプランを詰めて、3月の納車とともにご入庫いただきました。

名実ともに初回のご入庫となったわけですが、その内容は超特盛。質・量ともに充実の一言です。
カロッツェリアのサイバーナビXシリーズをヘッドユニットとし、ヘリックスのDSPアンプでブルームーンオーディオのフロント2way+リヤ同軸を鳴らし、同じくカロのアンプを使って大径サブウーファーを轟かせます。

ナビ周りのドライビングユーティリティーも充実。
ナビ連動2カメラドラレコ、ETC、レーダー・レーザー探知機と揃え、ステアリング連動パーキングガイド線表示システムも組み込んだりして、純正ハンドルの機能保持にも配慮しました。

ホンダシビック・タイプRのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1043

2021/04/20

PHASSの新スピーカーが発売になりました♪

いつもサウンドプロのサイトにアクセスしていただき有難うございます。

新製品情報コーナーにPHASSのスピーカーの新製品情報を登録しましたのでお知らせいたします♪

【PHASS】
FD 0780f(フルレンジ) & NR 2.62(2way)スピーカー
新採用プレスペーパーコーンとウィザーコーンにより周波数特性を拡大したフルレンジスピーカーと、ツイーターを組み合わせた2wayセットです。

お見積り、取り付けのご予約はどうぞお気軽に♪
ご連絡はコチラからお気軽にどうぞ♪
電話もお気軽に♪03-5913-8450です!

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1042

2021/04/17

ディフェンダーを密度の高いカスタムオーディオでサウンドアップ♪

今回はランドローバー・ディフェンダーの事例ご紹介です。

前車からのお乗り換えに伴い、一部機材を買い足す形で乗せ換えをご依頼いただきました。

カロッツェリアの1DIN AVユニットをソースとし、ヘリックスのDSPで調整を加えて、2枚のアンプで増幅し、フロント2wayとサブウーファーを鳴らすシステムです。

フロントドアにスピーカーがないタイプのクルマですので、アウターバッフル形式にて取り付け場所をこしらえました。
リヤのサブウーファーについても、細長い形状のウーファーボックスをカスタム制作し、リヤのデッドスペースを活用してインストールしました。

ランドローバー・ディフェンダーのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1041

2021/04/10

BLAMスピーカーでアバルト124スパイダーをサウンドアップ♪

今回はちょっとレアな車。
アバルトの124スパイダーの事例ご紹介です。

アバルトはフィアットのチューナーで、フィアット・アバルトの名で多くのフィアット車をレースシーンに送り出し、後には、ランチャやアルファロメオなどの他社チューンも手がけた名門です。
現在、本邦では、フィアットチンクチェントをベースにした595・695と、124スパイダーの2車種を国内で展開しています。

そんな由緒正しき血統を持つ、今回の124スパイダーのメニューは、サウンドアッププログラムによるフロント2wayのスピーカー交換です。

新時代のフランスを代表するブランドBLAMの上級グレード、SignatureシリーズのS 165.80をセレクトし、インナーバッフル制作・取り付け、スピーカーケーブル交換、ドア防振を含むサウンドアッププログラムで入念に施工しました。

オーナー様には、オープンカーでもはっきり音が聴こえる♪と喜んでいただきました。

アバルト142スパイダーのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1040

2021/04/04

キャンパーN-VANをフルカロッツェリアでサウンドアップ♪

今回はN-VANの事例ご紹介です。

高年式の物件を手に入れられて、これからキャンピングを楽しもう♪というオーナー様のご依頼で、移動中・現地の両方を快適に過ごせるシステムをリーズナブルに構築しました。

オプションのインターナビのスピーカー出力をカロッツェリアの小型アンプに入れ、フロント側でフロント2way+パワードサブウーファーを鳴らし、リヤ出力はリヤサテライトスピーカーを鳴らすように繋いでいます。

ナビのフェーダーで前後のバランス調整ができるので、移動中は全部前に振って明瞭なステージングのハイファイオーディオを楽しみ、現地では後ろに振って、アンビエントなBGMを楽しむ。といった使い分けができます。

ホンダ・N-VANのサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1039

2021/03/28

ブルームーンAX165でフェラーリFFをサウンドアップ♪

今回はフェラーリFFの事例ご紹介です。

表記上は「FF」となっていますが、「エフ」と発音します。
現時点でフェラーリ唯一のシューティングブレイク(≒ステーションワゴン)で、2011-2016にかけて生産されました。
フェラーリと言えば低く構えたクーペの印象が鮮烈ですが、一見おとなしく見えるワゴンタイプなれど、6300cc・660馬力と主役を凌ぐスペックを誇る、異色のモデルとなっています。

今回は、この車のスピーカー交換とレーダー取り付けをご依頼いただきました。
以前からお付き合いいただいているお客さまで、他にお乗りの車でブルームーンオーディオのスピーカーの音を大変気に入っていただいているため、AX165をご指定いただきました。

この車は12スピーカーから成る、JBLプレミアムサウンドシステムを搭載しているのですが、ブルームーンの2wayの音色を楽しむことが目的ですので、主張が強かったセンタースピーカーと、スコーカーに向かうケーブルには抵抗を入れて、音量を抑えるチューニングも行いました。

フェラーリFFのサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1038

2021/03/21

GT3 RSをサーウィンベガ製品でサウンドアップ♪

今回はポルシェ911 GT3 RSの事例紹介です。

速い車の代名詞・ポルシェの中でも最強クラスのクルマですね。
NA、4000ccで500馬力のモンスターマシンです。

このクルマのオーナー様は、ロールバーを入れるほどに走り追求型の方ですが、オーディオの充実も両立させたいとのことでご相談いただきました。
ご相談時点では、純正ナビがカロッツェリアのサイバーナビに交換されている他は、セパレートアンプ、フロント3way+センタースピーカー、リヤスピーカーと全て純正の状態でした。

エンジンやロードノイズに囲まれる環境下でも、コシのある音を目指すべく、パワー感にも配慮してシステム構築しました。
サイバーナビからローレベルで出力し、アルパインの小型4chアンプで増幅して、Cerwinvegaのフラッグシップ2wayスピーカーを鳴らします。
スピーカーの性能を十二分に引き出すためのデッドニングも施工して、上から下までしっかり鳴るように整え、同じくCerwinvegaのパワードサブウーファーVPAS10をダブル搭載で低音域もバッチリ固めました。

そこそこのコスト・省スペースで、十分にパワフルなサウンドを創ることが出来ました♪

ポルシェ911 GT3 RSのサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1037

2021/03/15

X7の全スピーカーをヘリックスV-TWELVE DSPでサウンドアップ♪♪

今回はBMW X7の事例ご紹介です。
X7はBMWのSUV軍団の最大・最強モデルとして、2019年に発売されたXシリーズ最新のクルマです。
発売から2年めを迎え、そろそろご縁がないかなぁ〜と心待ちにしておりましたところ、古くからお付き合いいただいているお客様からお声がかかりました!

ということで、当サイト初登場となるX7のシステムは、純正ヘッドユニットのソースをDSPアンプに入力して全16スピーカー(9系統)を制御するシステムです。

アンプ内蔵DSPで最多チャンネル数を誇るHELIX V-TWELVE DSPを起用し、フロント3way+センタースピーカーををHELIXとBRAXのハイエンドコンポーネントで固めました。

クルマもオーディオもすべてジャーマンブランドで統一された一台が出来上がりました(^o^)

BMW X7のサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1036

2021/03/12

ムック本「High-End Car Audio Book」が発売されました。

いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。
当店のクルマも掲載されております!「ハイエンド カーオーディオブック」というタイトルのムック本が発売になりましたのでお知らせいたします。

書籍のテーマは・・・・「最強にして最高!! ハイエンドカーオーディオの実力」です。最新のカーオーディオコンポーネントと、インストール・調整技術の多岐にわたって解説されている、ムック本ならではの密度の高い本です。

中でも「限界突破 High Fidelity car audio master」という企画内では、当店インストーラー江口くん♪の80スープラも登場!
日々グレードアップを重ね、最新の3wa仕様の勇姿を披露させていただきました。

WEBで得られる情報は、非常に鮮度が高いものもある一方、宣伝や内容の薄いブログ等にはばまれて一つのテーマを追いかけにくく、欲しい情報を幅広く・均等に収集するにはなかなか手間がかかるものです。
たまには、編集の手間がかかった書籍メディアに触れてみるのはいかがでしょうか。

High-End Car Audio Book
(ハイエンド カーオーディオブック)
発行元:芸文社
2021年3月2日発売

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1035

2021/03/06

R35GT-Rを専用プログラムでサウンドアップ♪

R35GT-Rの事例ご紹介です。

当店オリジナルのGT-R向けGT-Rスーパーサウンドアッププログラムは2015年のご提供開始以来、大変多くのお客様にご利用いただいております。
この場を借りて深く御礼申し上げます。m(_ _)m

同プログラムは、フロントスピーカー交換+デッドニングのV1。V1にリヤスピーカーをサブウーファーとして運用するための加工を加えたV2。V1にリヤスピーカー交換を加えて、DSPアンプを投入したV3と3プランを用意してありますが、今回はV2のモディファイ版をご用命頂きました。

フロントスピーカーをブルームーンオーディオの2wayスピーカー・SX165に交換し、デッドニングで固めるところはプラン通りですが、ローパスフィルターを使ってリヤスピーカーへの帯域を低くしてサブウーファーとして運用するところを、お客様が調達なさったBOSE仕様車用のサブウーファーユニットに交換し、小型アンプを組み込んで鳴らす方法に変更して施工しました。

R35GT-Rのサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1034

2021/02/28

USカムリをクアトロ・サブウーファーでサウンドアップ♪

今回はUSカムリの事例ご紹介です。

並行業者さんが入れた左ハンドルの日本車が一部で人気なのはご存じの方も多かろうと思いますが、今回のクルマはなかなか気合入ってます。
個人ユーザーが輸入代行業者さんに依頼して輸入したクルマなのです。

不勉強で、そういう専門業者さんがいることを知らなかったのですが、すごいことができるんですね〜。
アメリカから運ばれてきたカムリが横浜港に到着して、秋田県にお住まいのお客様のところに陸送されるところを、当店で降ろしてもらってオーディオ施工という壮大なプロジェクト!です。(陸送車に待っててもらうわけじゃないですよ)

お客様とは電話とメールだけで内容を詰めて、陸送経由でご入庫。施工後、再度陸送で秋田へ納車となりました。

グレートなコトを考えるお客様らしく、施工内容もユニーク。
フロント2way+リヤ+エンクロージャー入りのツイン・サブウーファーをDSPと6chと1chのアンプ2枚で鳴らすシステムなんですが、ズンドコ低音がお好みとのことで、リヤドアにも16センチ口径のサブウーファーユニットを入れることで、フロント2wayが大小4つのサブウーファー軍団に支えられるヘビー級のシステムとなりました。

USカムリのサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1033

2021/02/21

ADRIAのキャンピングカーにいろいろ付けました♪

今回はキャンピングカーの事例ご紹介です。

当サイトのインストールギャラリーでは、高所作業車や個人タクシー、軽トラック、ハマーH1といった普通乗用車以外の事例も複数登録させていただいておりますが、今回はキャンピングカーです。

ほとんどのキャンピングカーは、私達がディーラーさんで車を買うように、完成車メーカーが最終製品までつくっているわけではなく、後ろのお家の部分を作るメーカーが、完成車メーカーから調達したベース車に取り付けて製品に仕上げる。というプロセスで製造されています。

今回ご登場いただくキャンピングカーは、スロベニアのアドリア車というコーチビルダーが仕上げたクルマで、ベース車は、皆様おなじみのイタリアのフィアット製・デュカートというモデルです。

こういったベース車は、もともとの装備が比較的簡素な傾向があり、このデュカートもフロントスピーカーが一対のフルレンジという仕様でした。
今回のオーナー様は、これをセパレート2wayにグレードアップしたいというご意向でご相談いただきまして、その後のやり取りの中で、後方の安全確保のためのデジタルミラーとバックソナーの取り付けもご依頼いただく流れになりました。

ご相談の当初は、それぞれに違う業者でないと対応してもらえないような認識をお持ちだったようで、ワンストップで仕上がってコスパが良かったとお喜びいただけました。

アドリアのキャンピングカーのスピーカー交換とリヤカメラ取り付け事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1032

2021/02/14

ロードスター定番!コンパクトアンプJOYNでサウンドアップ♪

マツダ・ロードスターの事例ご紹介です。

今回ご登場いただくのは3代目のNC型です。
2005年にモデルチェンジしてますので今年で16年目を数えますが、非常にキレイな外観を保っている個体で、丁寧にメンテされている様子が伝わってきます。

そんな愛車思いのオーナー様なので、リフレッシュメンテの一環として、音に違和感を感じた純正BOSEのスピーカーを新品に交換なさったのですが、ビビリ音が消えない(T_T)のでこの解決と、ここのところ気になっているJOYNを活用したブルートゥース再生をやってみたいとのご意向をお聞かせくださいました。

これに対して、ビビリ音の解決策としてドア防振を行い、JOYNの組み込みに関しては、接続方法を少し工夫して、BOSEのヘッドユニットと、既存のカロナビの音声出力と、ブルートゥース再生の3ソースのいずれも選べるように組んでみました。

オーナー様のご希望を最小のコストで実現できたと思います。

マツダーロードスター(NC)のサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1031

2021/02/06

フィアットSUVの純正ヘッドユニット移設&社外デッキ取り付け♪

今回はフィアット500Lの事例ご紹介です。
フィアット車には、属するFCAグループの多くの車と同様に「Uconnect」と呼ばれるというインフォテイメントシステムが搭載されています。

これは時計や走行距離などの車両情報とのリンクを持ったディスプレイオーディオシステムで、一通りの機能は揃っているのですが、バックカメラとテレビがなく、ナビもスマホ経由という点で社外ナビ/社外ディスプレイオーディオへの交換を希望される方が少なからずいらっしゃいます。

今回のお車も同様で、純正ヘッドユニットを移設して場所を空け、社外ディスプレイオーディオを取り付けました。
しかしながら他の多くの事例と異なり、ヘッドユニットの移設先が一般的なシート下ではなくグローブボックス内で、取り付けたオーディオも海外市場向けのソニー製品と、どちらも初めてのケースとなりました。

フィアット500Lのサウンドアップ事例はコチラです♪

この記事のURL:https://www.soundpro.jp/news/index.php?id=1030

2021/5

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2021/6

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2021/7

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

空き

残り1台

満杯

イベント

休業日


オーディオイベント開催予定♪

2021年5月

イベントはありません

2021年6月

イベントはありません
⇒詳細はイベントページで確認!



リーダーをお使いの方はRSS登録を!
1.0:https://www.soundpro.jp/index.rdf
2.0:https://www.soundpro.jp/index.xml

インフォメーション

【ご確認願います☆】
取り付け商品の持ち込みについて


【お知らせ】






当店人気のブルームーンオーディオスピーカーのページを作りました。試聴インプレを含めて解説中です♪
全国のお客さまに感謝です!
5年連続でセールス全国トップで表彰されました!








【車種別テーマより】

Cクラスオーナー様へ!
ブルームーンオーディオのスピーカー投入で純正オーディオをガツン!とグレードアップします♪



スープラおまかせください!
施工例ドーンと10例ご覧いただけます!


ヴェルファイア・アルファード専用ページリニューアル!


【インストールギャラリーPickUp!】

マツダコネクト車でも全然モンダイなし!!
お任せください♪



MINIが着々と入庫中!!
New!5ドア用JBLトレードインキットも好評!



フィアット500/アバルト500・595ご来店ご用命ありがとうございます☆


【通販コーナーより】

ハイエンド素材として有名な白樺(しらかば)合板のリングバッフル登場!
ダンピング良好。豊かな余韻。


トヨタ車へのツイータートレードインの必需品!


逆起電流を解消してクリアサウンドを手に入れる。

スピーカー至近に取り付けて逆起電流解消を図るリアルサウンドプロセッサーが好評です!

★DIYインストールのキモ!防振防水加工もおまかせ下さい↓




☆プラスマイナス同時引きこみバッ直☆
根強いご支持ありがとうございます!






2007/4/1〜


RSSについて