1. HOME
  2. ニュース

S15シルビアをJBLでサウンドアップ♪

2019/07/16


今回は日産シルビアの事例ご紹介です。

車好きの間ではドリ車の代名詞として知られ、シルビアというよりもS13,S14といった型式だけで呼ばれる機会が特に多い車です。
今回は7代目となるS15にJBLのスピーカーとアンプでイマドキサウンドでドライブを楽しくする要素をプラスアルファしました。

HKSテクニカルファクトリー様のご紹介で、盗難防止装置の取付でご来店いただいたのがファーストコンタクトでしたが、やはり音の方も、、という流れになり、マフラーの音に負けないコシのある音を目指してやってみましょう。ということになりました。

スピーカーブランドは、HKSのデモカーだったR35 GT-Rに搭載されていたところから馴染みを感じていただいていたJBLご指名で、サウンドアッププログラムによるフロント2way化、外部アンプ搭載に加えて、マフラーに対抗するヘビーベースを演出するパワードサブウーファーも追加しました。

その他多くのお客様と同様、納車後は恒例の遠回りドライブをお楽しみいただけたようです♪
喜んでいただけて何よりです(^o^)

日産・シルビアのサウンドアップはコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=909


ラシーンをカロデッキ&スピーカー交換でリフレッシュ♪

2019/07/09


今回は日産・ラシーンの事例ご紹介です。

アラフォーからアラフィフの世代の方は、特に懐かしく感じるクルマじゃないでしょうか?
Be-1(87年)、PAO・エスカルゴ(89年)、フィガロ(91年)と続いた、日産パイクカーシリーズのアンカーを努めた名車で94年生まれ、2000年までの6年間に渡って販売されたクルマで、活動的な印象に絡めて、キャラにドラえもんを起用。キャッチコピーは「新・ぼくたちのどこでもドア」でした。

そんな名車も発売から25年。一番新しいモデルでも19年目ですので、オーディオもそれなりに劣化しています。
CDレシーバー、前後スピーカー、前後ドラレコ、ETCと現代の主要装備を予算内でセッティングさせていただきました。

音質については、とても喜んでいただけまして、当店もハッピー♪
どこでもドアのように活躍してくれるとうれしいですね(^o^)

日産・ラシーンのサウンドアップはコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=907


ホンダ・フィットをカロスピーカーとジュラルミンバッフルでサウンドアップ♪

2019/07/02


今回はホンダ・フィットの事例ご紹介です。

仕事場への移動でお使いになるのがメインなので、癒し&リフレッシュ空間とすべく、オーディオをグレードアップしたいとのご意向をお伝えいただきました。

予算もそれなりにご用意していただけるということだったので、通常のサウンドアッププログラムのMDFバッフルをアルミバッフルに変更し、先々の外部アンプ/DSP導入も視野に入れて、ドア防振をデッドニンググレードで施工させていただきました。

そして肝心のスピーカーは、音質・ツイーター外観の質感、価格のバランスが素晴らしいカロッツェリアV-173Sをセレクト。
バイアンプ接続対応ネットワークのメリットを活かすべく、ナビのフロント/リア4chの内蔵アンプを全部フロント側に割り当ててセットアップしました。

納車の際は、非常〜に喜んでいただけて、とてもハッピーな気分になれました(^o^)♪
良いコンディションでお仕事に取り組んで、車内でゆったりと癒されてご帰宅、、という理想のワークスタイルが実現できるといいなと思います。

ホンダ・フィットのサウンドアップはコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=906


116iをBLAMのスピーカーキットでサウンドアップ♪

2019/06/25


今回はBMW1シリーズから、116iの事例ご紹介です。

多くのBMWオーナー様にご高評いただいております、BMW向けワンストップサウンドアッププランである、BMWブライトオーディオパッケージにて、BLAM製スピーカーキットを使って施工いたしました。

1シリーズの標準オーディオはドアスピーカーとシート下ウーファーの2wayですが、当パッケージ適用後は、ツイーターも加わった3way構成にグレードアップいたします。

加えて今回は、再生系も手を入れました。
オーナー様がご愛用だった、カロッツェリアハイエンドデッキDEH-P01をグローブボックス下に取り付け、付属の6chアンプを使って3wayマルチシステムにしました。
フロントスピーカーをハイローコンバーターに入れてローレベルに落とし、AUX入力しています。
メインソースは純正デッキですので、DEH-P01は通常触らず、贅沢デジタルプロセッサーとしての位置づけになりますね。

音の出口はしっかりグレードアップ&入口の方も手持ちの機材活用でDSPマルチ化で、これでいいじゃん♪的な事例となりました。

BMW116iのサウンドアップはコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=905


ボルボV60をフルカロッツェリアでサウンドアップ♪

2019/06/18


今回はボルボのV60の事例ご紹介です。

最初にご来店いただいたのが2018年で、とりあえずフロントとアンプということで、カロッツェリアのフロント2wayスピーカーTS-C1730Sと、4ch外部アンプGM-D8400をインストールさせていただきました。

そして本年に入り、低音域の強化ということで、エンクロージャータイプのサブウーファーユニットTS-W2520 + UD-SW250Dと、サブウーファー駆動用のモノラルアンプGM-D8100とステップアップ♪

インストール費用を除く、ここまでの機材代は115,000円とだいぶリーズナブルですね。さすがカロッツェリアです。

初回インストール時は、できるだけ外観に変更がないようにとのことで、アンプもリヤシートの下に仕込むという控えめなスタンスでしたが、ドカンと箱型サブウーファーにジャンプアップされ、さらなるグレードアップもお考えのようで、ノリが加速してるような↑↑(^o^)↑↑
今後が楽しみです♪

ボルボV60のサウンドアップはコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=901


MINI JCWをカロスピーカー交換でサウンドアップ

2019/06/11


今回はMINIの事例ご紹介です。

MINIの中でもホットなジョンクーパーワークスモデル。
当インストールギャラリー初登録となったコンバーチブルモデルに続く、2台めの登場です♪

プランはサウンドアッププログラムによるドアスピーカーの交換です。

同車の標準オーディオだと、フロントはドアとシート下ウーファーの2wayで、これを3way化するキットがありますが、今回はドア側のスピーカーのみをグレードアップするリーズナブルなプランです。

当初、カロッツェリアから新発売されたBMW向けキットをご検討中と伺いましたが、ドアスピーカーのみのトレードインとしては、音質アップへの寄与度の低い材料があったり、必要なものが足りなかったりという内容でしたので、キットと同水準の汎用スピーカーを使った施工を提案させていただきました。

結果は良好。ご満足いただけたようで、熱のこもったサンキューメールを頂戴しました(^o^)♪

MINI JCW(F56)のサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=899


VOXYを前後ブルームーンスピーカー交換でサウンドアップ

2019/06/05


今回はヴォクシーの事例ご紹介です。

お迎えした車両には、プレミアムダブルツィーターシステムという高額オプションを組み込んでありましたが、お客様のお好みと傾向が違うとのことでご相談を受けました。

試聴させていただくと、車室内全体をひろく包み込むような焦点のひろい音がしまして、パッセンジャー全員が平均的に満足できるような音でした。当然のことながら、ドライバーの耳にキリッと音像を突きつけるようなシャープネス、いわゆるハイファイ的な音とは方向性が違うため、お客様のご不満につながっているんだろうと判断をしました。

改善策として、ドアウーファーとツイーターの2wayを交換し、一定の効果を得ましたが、ふっくらと広がる味付けから抜け出せず、オプションに含まれるのDSPアンプを取り外して、T-connectナビの内蔵アンプで鳴らす方法に変更し、ご満足いただくことが出来ました。

オプション費用は無駄になっちゃいましたが、結果にはご満足いただけたようなのでよかったです(^o^);

ヴォクシーのサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=898


BMWX2をブルームーンオーディオのスピーカー交換でサウンドアップ♪

2019/05/28


今回はBMW X2の事例ご紹介です。

Xシリーズには、現時点でX1からX6までの6車種がラインアップされておりますが、X2が最後に加わった一台です。

このクルマは、標準オーディオの状態だと、フロント2way+リヤの6スピーカーで、フロント2wayに関しては、他シリーズの標準オーディオと同様、ドアハンドル付近の10cmとシート下の16cmから構成され、ツイーターは含まれません。

これを今回、BMWブライトオーディオパッケージのF1によって、フロント3way化、ドア防振で再生環境をしっかり整えようというプランです。

スピーカーは、店内で高評価の続くBLUE MOON AUDIOからリリースされている3wayキットBMA-F30FSをセレクト!
オーディオ的にアドバンテージのある天井の高いキャビンが、上質なオーディオルームに生まれ変わりました♪

BMW X2のサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=897


ギブリをJBLフラッグシップ660GTiでサウンドアップ♪

2019/05/21


マセラティ、とっても人気ですね!
以前にも増して、街で見かける機会がとても増えた気がします。
当店でも、クアトロポルテと並んで、お問合せ・ご用命の機会が増えているクルマです♪

今回お迎えしたギブリのメニューはサウンドアッププログラムによるスピーカー交換です。
ユニットはJBLのフラッグシップモデル、660GTiです。(前車から移設)

純正アンプが各スピーカー毎に1ch用意されているマルチアンプ方式でしたので、660GTiの立派なバイアンプ接続対応ネットワークの真価が発揮できます!
ツイーターとウーファー用の出力をそれぞれ接続し、相互の影響を排除した、よりクリアなサウンドを手に入れることができました。

スピーカーケーブルの引き直しに丸一日を要してしまう苦労もありましたが、シックなレザーインテリアの外観を損ねることなく、パワフルなJBLサウンドを堪能できる一台が出来上がりました♪

マセラティ・ギブリのサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=896


カムリをJBLのフルシステム+カロDSPでサウンドアップ♪

2019/05/14


今回はトヨタ・カムリの事例ご紹介です。

初期型は1982年(昭和57年)と、実に37年もの歴史を誇る車です。
コロナの後継という位置づけでデビューし、以来、ゆったりした上級セダンとして長きに渡って愛されてきたモデルです。
今回、調べてみてわかったんですが、車名の由来は冠(かんむり)だそうで、異なる語形で「かむり」と読むんだそうです。なんだか妙に感心してしまいました(v_v)


さて、そんな由緒正しいネーミングのカムリのオーダーは、JBL CLUB コンプリートパッケージType3をベースにしたアップグレードプランです。

JBL CLUB コンプリートパッケージは、純正ヘッドをソースとし、アンプ、スピーカー、30cmサブウーファーから構成されるフルシステムのプランです。
フルシステムといってもピンキリですが、JBLの中・低価格帯の製品でバランスよくそろえ、ドア防振、インナーバッフル、スピーカーケーブル交換といった環境整備も含めて、Type3(フロント2way+4chアンプ)で168,000円(税別)、Typo5(フロント2way+リヤ+5chアンプ)で258,000円(同)でご提供しています。

今回は、このType3をベースに、カロッツェリアの新製品DSP、DEQ-1000Aを加え、パッケージ標準の4chアンプ JBL CLUB 704)を5chのCLUB4505にアップグレードして、外部アンプ駆動式のマルチシステムとしてセットアップしました。

大径サブウーファーで土台のしっかりした上質サウンドを得て、上質セダンのドライビングプレジャーが更にアップしました♪

トヨタ・カムリのサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=895