1. HOME
  2. ニュース

2wayスピーカーリストをつくりました(・o・)

2019/06/24


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

タイトルのごとく、現行品2wayスピーカーリストをつくりましたのでお知らせいたします。

新規ページではなく、もともとサウンドアッププログラムページ内に参考情報として掲載していた数十銘柄をアップデート&拡充させた格好です。

13,000円から670,000円までの100銘柄(狙ったわけじゃなくてちょうど100個ありました)で、価格順掲載。全てメーカーサイトにリンクしてあります。

サイトへのリンクは・・
●PCサイトは右側のインフォメーションバナー、あるいは全ページヘッダ部分のサウンドアッププログラムのバナーより
●スマホサイトは音質向上カテゴリトップページのバナーより、それぞれ入れます。

どうぞご活用ください〜。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=903


サウンドコンテスト出場車両☆試聴イベント

2019/06/21


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

先日、石川県のこまつドームで開催されました「第7回ヨーロピアンサウンドコンテスト」に総勢3台で参加して参りまして、めでたく!お客様車両2台が入賞を果たされました!(^o^)
当店デモカーのセルシオ号は惜しくも(>_<)表彰台を逃してしまったのですが、ジャッジシートの評価点を見る限り、なかなか善戦してくれてました。

実はこのセルシオ号。このコンテスト出場が最後の公務でして、本年7月をもって退役の予定です。
コンテストから帰還したばかりなので、当然、機材も調整も良い状態です。このまま取り外してしまうのは忍びないということで、、最後にもう一仕事!コンテスト出場車試聴会を企画しました。

使用機材は審査当日と同じです。
審査に使用された曲も用意してありますので、会場の審査員とまったく同じ空間に身をおいていただく事ができます。
(審査員の評価点が記入されたジャッジシートもご覧いただけます)
お客様のご要望によって、お持込の曲をかけていただくことも可能です。また、お好みによって音響セッティングの変更も対応いたします。

ご視聴可能期間は6月21日(金)から7月11日(木)までの3週間となります。
どうぞ遊びに来てくださいね!

【機材リスト】
スピーカー:BLAM 165.300 ¥102,000
メインユニット:audison BitPlay HD ¥95,000
ストレージ:ウェスタンデジタル製 ポータブルハードディスク 3TB My Passport Ultra ¥5,000
DSP:audison BitOne HD ¥180,000
パワーアンプ:ZAPCO z-150.6ap ¥300,000
電源レギュレーター:audiotechnica AT-RX100 ¥85,000
スピーカーケーブル:SUPRA classic 2.5h(TW/MID) ¥1300/m、SUPRA classic 6.0(W) ¥2,200/m
RCAケーブル:ACROLINK 6N-A2400供 55,000/ペア(x3)
オプティカルケーブル:audiotechnica AT-RS90/0.7 ¥6,500

【同時開催・別企画ご案内】
同じ日程にて、知る人ぞ知るベルギーの超ハイエンド・オーディオブランド!Ventureのスピーカーを店内でご視聴いただく企画も開催予定です。
こちらのほうもどうぞお楽しみください。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=902


【期間限定】超ハイエンドスピーカー試聴会♪

2019/06/15


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

この度、ベルギー産の超ハイエンド・スピーカーの試聴会を企画しましたので、お知らせいたします。

知る人ぞ知るカルトなブランドで、その名はVenture Audio(ベンチャー・オーディオ)といいます。
フランクフルト大学で物理学を修めた技術者さんが、1986年に興した会社で、楽器の音色やライブ演奏のリアリズムをホームオーディオで再現したいという想いで、物理科学の知見を駆使して設計、製造を行っています。

開発者の背景を文字にした限りでは、まあありがちなのですが、音が、その、異次元なんですね。。
これはもう限りなく、限りなくリニアです。
「松島や、ああ松島や松島や」じゃないですが、コレしか言えません。
これまで、原音(っぽい)と評していたハイエンドスピーカーが霞んでしまいそうなほど、生々しく、深く、そして静かです。

外観も見るからに高級品。といってもキラキラ系ではなくて、理想の具現化に邁進しまくった暁の、半ば工芸品のような風情を漂わせています。
いかにも素材が良さそうなコーンが、がっしりしたダイキャストフレームに抱えられ、背後のマグネットは巨大。超ハイエンドスピーカー独特の様式を整えています。

この音も価格も異次元な超ハイエンドスピーカーを、この度、国内代理店さんのご厚意により、当店の店内でお聴きいただく機会を設けることができました。

期間は6月21日から7月11日までの3週間。
機材は以下の3ペアです。

2wayボックス 
ツイーター: DDone ¥138,000
ウーファー:DD6.5 ¥148,000

2wayボックス
ツイーターDD1.5Be ¥760,000
ウーファー: DD7 ¥180,000

3wayボックス
ツイーター:DD1.5Be ¥760,000
ミッドレンジ: DD4 ¥220,000
ウーファー: DD6.5 ¥148,000

再生側は、当店のデモボードに搭載しているDSP、ナビヘッド、アンプを使います。曲データのお持込歓迎です。

さらに、同じ代理店さんの取り扱いブランドということで、ハイエンドブランドとして名高い、MUNDORF(ムンドルフ)のスーパーツイーター AMT21CM2.1 ¥130,000もお試しいただけます。
このツイーターは、今回のVentureはもちろんのこと、デモボードに登録済みの他スピーカーと組み合わせてお試しいただくことも可能です。

価格が価格ですので、なかなか手が出ませんが、めったに無い機会ですので、どうぞ聴いておいてください。

期間中であれば、事前のご予約は不要です。
どうぞお気軽にお立ち寄りください♪

デモボード前に並べてお待ちしております!(`・ω・´)ゞ
ventureオーディオ試聴会

ベンチャーオーディオ代理店(佐藤商事)サイト

【同時開催・別企画ご案内】
同じ日程にて、7月に退役予定の当店デモカーの試聴も企画しました。
先般、石川県のこまつドームで開催されました「第7回ヨーロピアンサウンドコンテスト」出場車です。
審査当日と同じ機材、セッティングのままお試しいただくことができます。コチラもどうぞお楽しみください。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=900


3月31日(日)の営業時間変更のお知らせ

2019/03/30


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

イベント日の営業時間変更のお知らせです。

先般ご案内のとおり、明日3月31日(日)はお客さま&取引業者さまご参加による屋形船イベントを予定しております。
そのため、お店の閉店時間を17時(午後5時)とさせていただきます。

御来店予定のお客さまはご留意くださいますようお願い申し上げます。
m(_ _)m


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=884


【春のお約束!ご愛顧御礼!】屋形船お花見宴会開催のお知らせ!

2019/02/13


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

お客様への日頃の感謝を込めて、今年も貸切屋形船による花見宴会を企画しましたので、ここにお知らせいたします。

一般のお客様の他、メーカー様や取引業者様の参加も歓迎いたします。垣根を超えて楽しくワイワイやりましょう!!

開催日は3月31日(日)を予定しております。
コースは桜が咲いていましたら、隅田川でお花見コース、まだの場合は、お台場スカイツリーコース、またはお台場コースとなります。

規模は大人20〜40名程度で予定しております。大勢の方の参加をお待ちしております。

お申し込みは店頭かメール、電話03-5913-8450にて。
どうぞお気軽にご連絡ください♪

場所:浅草橋井筒屋
所在地:台東区柳橋1-2-3
電話:03-3851-2483
アクセス:浅草橋駅より徒歩3分(出口:JR→JB 20/都営地下鉄→A 16)
井筒屋さんのwebサイト:http://www.idutsuya.jp/
---
集合日時:3月31日(日)16:00現地集合→17:30乗船開始→18:00出船
お申込方法:ご来店かメール電話にてご連絡ください。
お申込締切:3月25日(月)or定員40名に達した時点で。
参加費用: 大人お一人様 11,000円(お料理・飲み放題・乗船料・消費税込・現地お支払い)
【重要】開催可否のお知らせについて:15:00までに当店サイトフェイスブックにてお知らせ。
そこそこ降っても出船いたしますが、台風の場合は安全第一で中止になります。効率を優先してサイト上のお知らせとさせていただきます。ご容赦ください。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=874


ワークショップ型のオーディオイベント開催します♪

2019/02/10


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

この度、お客様参加イベントとして、いい音診断&調整ミーティングVOL.1を企画しましたので、参加のお誘いを兼ねてお知らせいたします。

このイベントは、投票によってポイント数を争う「コンテスト系」とは趣が異なるイベントです。

_歛蟠覆きれいに聞こえるように事前にご自身で調整し
当日、評論家の先生に診断していただき
診断を元に調整を加えて(お店ヘルプ可)
ず禿擔巴任掘結果に応じて課題設定を行う。


という、診断後の調整、再診断、総括までのPDCAサイクルを体験する「ワークショップ」的なイベントです。

競技オーディオの第一線で活躍する講師による客観的な評価にふれることで、スタンダードな音の傾向を知ることが出来る他、その場の評価にとどまらず、当日の調整→再診断によって、より具体的な成果を得ていただけるのが特徴です。

・オーソリティによる評価を受けてみたい方
・課題曲によるオーディオ評価の方法に興味が有る方
・自分の音に課題を抱えている方
・コンテスト系イベントで上位を狙いたい方
などなど、多くの方に楽しんでいただけるイベントです。


参加者さまのテンションによって選んでいただけるよう、全プロセスを含む「追い込みコース」から、ライトな「オープン参加コース」まで3コース設定しております。
3月24日開催、各コースとも定員に達し次第締切となります。

詳細はイベントフライヤー(兼申込書)を御覧ください♪
たくさんのご応募をお待ちしております♪

講師紹介
潮 晴男(うしお はるお)先生
オーディオ・ビジュアル評論家・音響監督。
オーディオ・ビジュアル専門誌をはじめ情報誌、音楽誌など幅広い執筆活動を行う一方、音響監督として劇場公開映画やCDソフトの制作・演出にも携わる。ハリウッドの映画関係者との親交も深く制作現場の情報にも詳しい。
またイベントでのていねいで分かりやすいトークとユーザーとのコミュニケーションを大切にする姿勢が多くのファンの支持を得ている。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=873


お客さまのおかげで表彰されましたm(_ _)m

2019/01/27


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

この度、BLUE MOON AUDIOブランドスピーカーの販売元より表彰を受けましたのでお知らせいたします。

この賞は全国の代理店の中から、同ブランドスピーカーの取扱高の上位店に贈られるもので、3年連続で取扱高1位として認定されました。

賞状を拝受いたしましたのは当店ですが、あくまでも、多くのお客さまのご支持の賜物であると理解しております。
表彰に慢心することなく、過不足のない商品説明と、取付作業品質の維持を心がけて行きたいと思います。

今後共、当店、ならびに取付作業を担当するインストーラーをよろしくお願い申し上げます。

サウンドプロ代表
竹原啓太

----
ブルームーンオーディオの試聴インプレッションページはコチラです。
ご興味がお有りのお客さまはどうぞ御覧ください。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=869


年末年始のご案内m(_ _)m

2018/12/20


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただき有難うございます。

2018年も残すところあと2週間を切りました。 
本年は格別のご愛顧を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。m(_ _)m

来年も、より多くのお客さまにカーオーディオの楽しさをお伝えできるよう、尽力してまいります。
より一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。

引き続いて、年末年始営業のご案内です。

【店舗営業】
年内の営業は12月29日(土)までで、年始の営業開始は5日(土)となります。

【ネットショップ】
12月28日(金)の午後2時までの受注で在庫のあるものについては当日発送が可能です。
(銀行振り込みについては、28日(金)の午後3時までのご入金確認分)
年始は、7日(月)以降に順次発送の手配をさせて頂きます。
お取り寄せ商品については、年内にメーカーへ発注を入れさせて頂きますので、入荷次第の発送となります。

以上、お伝えいたします。
来年もよろしくお願いいたします。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=860


デモボードExpress!2018.11.23号

2018/11/23


いつも当サイトにご訪問&当店にご来店いただきありがとうございます。m(_ _)m

当店の最新のデモボード状況をお伝えするデモボードエクスプレス!
この度、新規登録を行いましたので更新情報をお伝えいたします。

リスト→新規追加分説明の順で続けます。。

★リスト
【プロセッサー】
audison Bit Play HD
audison prima AP4.9bit
HELIX DSP PRO Mk
New!!光城精工 VE-01

【ヘッドユニット】
carrozzeria DEH-970
KENWOOD MDV-Z702W
BEWITH MM-1

【スピーカー】
ETON PRO-170
DYNAUDIO ESOTEC SYSTEM 242
CerwinVega SPRO65C
RockfordFosgate T3652-S
morel HYBRID602
AcousticHarmony ASP1 + ASP1X(ネットワーク)
New!!DIATONE DS-G500
carrozzeria TS-V173S
KICKER QS674
JBL 670GTi
BLUEMOONAUDIO RX165
BLAM S 165.100 A/MG

【サブウーファー】(写真には含まれていません)
JBL S-1224
Infinity kappa120.9W

【アンプ】 (写真には含まれていません)
GENESIS BLACK EDITION MKTWO
Memphis MCX4.75
New!!JBL GTR601
JBL 3000GTi
Sinfoni Precision One-Class A
-----------
★補足説明
【スピーカー】7番 DIATONE DS-G500
国産メジャーブランドのダイヤトーンを初登録しました。
銘柄はミドルクラスのG500です。
日本のオーディオシーンを牽引してきた、ピュアで癖のないダイヤトーンサウンドに触れてみてください。
現在、ΝЛ┃が国産ブランドです。聴き比べも面白いかもしれませんね。

【プロセッサー関連】4番 光城精工 VE-01
全国的にちょっとしたセンセーションを巻き起こし中のKOJO TECHNOLOGYが開発したボディアース強化BOXを登場させました。

VE-01は、畳一畳分におよぶ表面積を持つ、薄い金属の積層による内部構造になっていて、その大きな面積によって各種ノイズの吸収を行うための製品です。

ノイズ源そのものの存在・程度は当然変わらないわけですが、アースケーブルを介して、ボディと電気的に繋がっている本機によって、ボディの金属表面積を畳一枚分拡張させ、ノイズの影響を希薄化させるようなイメージです。


設置によって、雑味が減り、明暗のコントラストが明確になって、クリアネスが向上するような変化が実感できました。普通の日本酒→大吟醸みたいなかんじでしょうか。こういった方向性がお好みのお客様にはお試しいただく価値はありそうです。

デモボードでは、HELIX DSP PROのRCAのグラウンドに設置させてあります。つけたり外したりで変化の程度をご体感いただくことができます。

【アンプ】3番 JBL GTR601
今までのJBLの4チャンネルアンプから、サブウーファー用のパワーアンプに入れ替えてみました。
265.3 x 179.6 x 54.2mmと、コンパクトなシート下サイズではありますが、出力は1500Wあり、30cmのサブウーハーもしっかり鳴っちゃいます。

今回のアップデートは以上です(^o^)
ご連絡はコチラからお気軽にどうぞ♪
電話もお気軽に♪03-5913-8450です!


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=853


【重要】VPAS10・価格改定のお知らせ

2018/11/01


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。
急なお知らせで恐縮ですが、当店人気商品のパワードサブウーファー・VPAS10の価格改定のご案内です。

昨日、国内代理店より連絡があり、11月3日(土曜日)より、46,500円(税別)に改定されることになりました。

事前の告知に十分時間がとれませんでしたので、現時点でお見積りを提出させていただいているお客様に対しましては、年内いっぱい、旧価格にて提供させていただきます。

また、当店の看板商品の一つとして各方面でプロモーションさせていただき、ご検討頂いていたお客様も少なからずいらっしゃると思いますので、11月2日までにお問い合わせ、お見積りのご依頼、ご予約いただいたお客様に対しましても、同様の対応とさせていただきます。

慌ただしいお知らせで大変申し訳ございません。何卒ご理解の程お願いいたします。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
メール/お電話


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=846