1. HOME
  2. ニュース

フィアット500Lにナビ・レーダー・ドラレコ!

2017/02/17


今回はフィアットの500Lがご来店です。

これは、ご存知フィアット500のミニバンタイプという位置づけで、”L(Long)”をつけたモデルです。
見たことあるようなないような、、、似てるところでは、先日のエントリでもご紹介したクロスオーバータイプの500Xがありますが、このLは国内未発売。アメリカからの並行輸入車だそうです。

今回は、この500Lの電装周り作業コンボ。
ナビ交換、レーダー、ドラレコ、ETC2.0の取り付けで、オーディオ作業はナシです。

後ろの3つは配線処理含めてプロショップ品質で取り付けるベーシックな仕事ですが、ナビはそこそこ手がかかっております。
純正アンプをCAN-BUS信号で制御している純正ナビを、配線延長してトランクへ移動させ、空いた2DINにイクリプスのAVNをいれるという手術を行いました。
それほどの大手術でもありませんが、それなりに手のかかる作業でした。

久々にオーディオ関係なし事例ですが、電装品取り付けご検討の方はご覧になってみてください〜。

フィアット500Lのナビ交換の様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=705


ヴォクシー煌兇縫侫襯▲襯僖ぅ鵝

2017/02/09


今回はヴォクシーの事例をご紹介いたします。

ノア・エスクァイアの兄弟車と並んで、だいぶ売れ行きが良いようですね。
アルファード・ヴェルファイアの両横綱に比べて、少しライトで若々しいテイストが素敵です。

そんなヴォクシーに、大きめ予算のフルアルパインシステムをインストールしました。
メインユニットに10型WXGA液晶搭載のALPINE EX10-VO、標準だと1wayしかないフロントスピーカーをX3-180S-NVEで3way化、リヤも同軸2wayを投入し、4chアンプMRV-F300で駆動します。加えて、25cmユニット搭載のパワードサブウーファーSWE-3000で低域もしっかり作ります。

サウンドクオリティ向上の満足感と同じくらい、フルアルパイン!ブランドの満足感も大きい、ちょっとうらやましくなっちゃうヴォクシーが出来上がりました。

ヴォクシーのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=704


【今年もやります・ご愛顧御礼!】屋形船お花見宴会開催のお知らせ!

2017/02/05


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

お客様への日頃の感謝を込めて、今年も貸切屋形船による花見宴会を企画しましたので、ここにお知らせいたします。

一般のお客様の他、メーカー様や取引業者様の参加も歓迎いたします。垣根を超えて楽しくワイワイやりましょう!!

開催日は4月9日(日)を予定しております。
首尾よく桜が咲いていましたら、当然お花見コース(隅田川の桜がご覧いただける場所に停泊いたします)、まだの場合は、お台場スカイツリーコース、またはお台場コースとなります。

規模は大人20〜40名程度で予定しております。大勢の方の参加をお待ちしております。

お申し込みは店頭かメール、電話(03-5823-5910)にて。
どうぞお気軽にご連絡ください。

場所:浅草橋井筒屋 浅草橋駅より徒歩3分
集合日時:4月9日(日)18:30乗船開始/19:00出船(現地集合)
お申込方法:ご来店かメールにてご連絡ください。
お申込締切:3月20日(月)or定員40名に達した時点で。
参加費用: 大人お一人様 11,000円(お料理・飲み放題・乗船料・消費税込)
天候について:雨天時も大降りでない限り出船いたしますが、台風の場合は中止になります。その際は早目にご連絡いたします。費用は全額返金致します。
井筒屋さんのwebサイト:http://www.idutsuya.jp/

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=703


FIAT500Xをフルマルチ4.1chでサウンドアップ+カスタムも!

2017/02/04


今回はFIAT500Xの事例ご紹介です。
フィアットの歴史ある500が現行のスタイルで生まれ変わってから約10年くらいでしょうか。その500をベースに、クロスオーバーSUVモデルとして作られた車です。

今回はこのキュートな500Xに【オーディオ+カスタム】のお仕事をさせていただきました。

オーディオは、ireverのハイレゾプレイヤーAK120兇鬟宗璽垢箸靴董▲廛蹈札奪機爾HELIXのDSP PRO Mk供A幅するアンプ群はMOSCONIの4ch×2枚+1ch1枚。スピーカー群はフロント3way+スーパーツイーターとサブウーファー。ケーブル類はACROLINKを始めとする高級ブランドのオンパレードと、超ハイエンドの世界です。

そして今回の事例ではハンドルやアウターバッフルに貼り込んだテキスタイルや、ツイーター台となるAピラーなどへのレザー貼りのカスタムも見どころです。
当然、これらはオーディオ専業である当店の守備範囲外のお仕事ですが、「あちこち廻って別発注するのもちょっと・・・」というお客さまのご要望にお答えする形で、信頼しているショップさんのご協力を得て仕上げました。

お金の掛かったオーディオ+カスタムの世界をどうぞご覧になってください♪

FIAT500Xのサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=702


ボクスターSをFOCALスピーカー交換とサブウーファーでサウンドアップ♪

2017/01/26


今回はポルシェボクスターの事例ご紹介です。

ワンランク上のサウンド+オープンボディでもしっかりきけるボリューム感をテーマに施工させていただきました。

標準では、純正ヘッド+純正アンプ→フロント3way+センタースピーカーの構成ですが、純正アンプをキャンセルして、純正ヘッド→フロント2way+サブウーファーに置き換えました。
ポルシェに純正採用されているクラリオンOEMの2DINナビには、市販品と共通仕様のアンプが内蔵されているので、これを活用した裏技です。

また、このアンプはフロント/リヤの4ch分あるので、バイアンプ対応の2wayスピーカー(FOCAL PS165FX)にフロント=ツイーター、リヤ=ウーファーとして4ch分入力し、フェーダー調整でツイーターとウーファーの出力バランスを変えられる「疑似マルチ」システムにしました。
さらに、小型光出力大口径で店内人気急上昇中のCerwinVega製パワードサブウーファーVPAS10を投入し、中低域の損失が大きいオープンボディへの対策も万全です。

ポルシェオーナーの方、ボクスター他オープンカーオーナーのお客様、どうぞご覧になってみてください♪
ボクスターS(981)のサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=701


メルセデス・ブライトオーディオパッケージのページが出来ました♪

2017/01/25


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

この度、メルセデス・ベンツ向けのサウンドアップメニューであるメルセデス・ブライトオーディオパッケージのページを公開させていただくこととなりましたので、お知らせいたします。

BMW向けのメニュー同様、最終的には全グレード(全クラス)向けのページ公開を目指しておりますが、第一弾はCクラスのページからとなります。

フロントスピーカーが8センチユニットで、グレードアップの選択肢が限られる同車向けに、国内外4ブランドのスピーカーを用意し、フロントスピーカー交換のみのC-F1から、プロセッサー導入を含む最上グレードのC-F1R-8まで、全6メニューをご用意しました。
純正のオーディオシステムからのグレードアップをお考えのオーナー様はどうぞお声掛けください!

Cクラス以外につきましても、早期にページを追加できるよう、着々とメニュー開発を進めておりますので、どうぞお気軽にお問合わせください♪

ページはコチラです。
どうぞ御覧くださいm(_ _)m
メルセデス・ブライトオーディオパッケージ

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=700


一聴の価値アリ!!新興ブランドのデモカー試聴会のご案内♪

2017/01/24


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。
新興ブランドアコースティックハーモニーのデモカー試聴会を開催いたしますのでお知らせいたします。!

オーディオファンの方の中には、既にアコースティックハーモニーをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
アコースティックハーモニーは、ホームオーディオ向けのケーブルブランドとして創業し、カー向けにも活躍のフィールドを拡大中のブランドで、現在はケーブル類と、カー用スピーカー・ネットワーク他をラインアップしています。
当店では、同社製スピーカーの質の高い音に注目しており、この度ご縁をいただいて、当店でデモカー試聴会を開催していただけることになりました。

今回、アコースティックハーモニーから持ち込んでいただくデモカーは、メルセデスベンツCLSシューティングブレイクです。
インストールされるスピーカーは、アルミマグネシウム振動板が目を引く、同社フラッグシップ3wayモデルのGSP1です。

同社の開発ポリシーである「色付けの無い自然な音楽再生」の能力を誇張なく体感できるよう、プロセッサーなしの純正ソースユニットを前提とし、3way用ネットワークGSP1X、RCA・スピーカー・電源ケーブルと、同社製品をフル投入した気合の一台。
良き脇役としてのアンプは、素直な音色と高い分解能で定評のあるラックスマンCM20000を起用しました。<システム図pdf>

「技術と感性、すべては感動のために」丁寧に作られた同社製品のパフォーマンスに触れていただくチャンスです。
一聴の価値アリです。是非ご来店ください!

なお、2wayモデルのASP1は当店デモボードに設置してありますので、こちらも併せてご試聴ください。
ご来場お待ちしております!

・開催日:平成29年2月25日(土)・26日(日)の2日間
・時 間:午前11時から午後5時まで
・会 場:サウンドプロ<地図>

※当日はお店の敷地内をイベントスペースとして利用いたしますので、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。
●近隣駐車場案内●
1)SystemPark <地図> 〒116-0012 東京都荒川区東尾久3-12-6 (3台 ¥100/20分、最大¥1,000)
2)TOMOパーキング東尾久 <地図>〒116-0012 東京都荒川区東尾久3-13-1 (3台 ¥100/30分、最大600)
3)三井リパーク <地図>〒116-0012 東京都荒川区東尾久3-6-9 (6台 ¥200/60分、最大¥700)
4)三井リパーク東尾久3丁目第3 <地図>〒116-0012 東京都荒川区東尾久3-25-3 (8台 ¥100/20分、最大¥800)
5)パーキング365東尾久2丁目 <地図>〒116-0012 東京都荒川区東尾久2-38-3 (3台 ¥200/40分、最大¥1,000)

※当店周辺は住宅街で道幅が狭く、一方通行路も少なくありません。通行に十分ご注意ください。

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=699


C27セレナにダイアトーンスピーカー交換でサウンドアップ♪

2017/01/20


今回は日産セレナの事例ご紹介です。

昨年の8月にデビューしたばかりのC27という型のセレナです。
初期型の発売が1991年(平成3年)といいますから、今年で26年目!5代目!そんなに経ってるんですね。
立派なロングセラーモデルです。

そんな新車の香りが残るセレナのオーダーは、当店の鉄板メニュー、サウンドアッププログラムです。
スピーカー交換とドア防振、スピーカーケーブル交換をパッケージ化したメニューで、納期一日でしっかりと音の出口のグレードアップを果たしていただけます。

今回セレクトするスピーカーは、三菱電機のオーディオブランドDIATONEのDS-G20です。
ツイーター用・ウーファー用にそれぞれ別の(計4つ)のネットワークを持ち、バイワイヤリング方式・バイアンプ方式のいずれにも対応できるハイエンド志向の2wayユニットを、オリジナル制作によるMDF製インナーバッフル+特別加工でしっかり取り付け。広々としたダッシュボード上にクリアな音像を描き出します。

Newセレナのオーナー様はどうぞご覧になってみてください♪
セレナ(C27)のサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=698


オープンボディでもガッツリ聴かせます!Z34ロードスター!

2017/01/12


今回はフェアレディZのロードスターがご来店です。
現行のZ34という型のロードスターです。

ロードスター、コンバーチブル、スパイダー、、と呼び方はいろいろですが、屋根が開く車は実に派手ですね!
更にレッドカラーでZと来ると、思わず2度見、3度見してしまいます(^o^)

あて、そんなハデハデのZの今回のメニューは、純正BOSEシステムからのサウンドアップです。
純正BOSEシステム。お金を足してつけてもらうプレミアムオーディオ商品としての帳尻はバッチリあってる気がするんですが、なんとなくスイートスポットが広い、全方位型とでもいうような居心地の良い音は、好みが別れるところかもしれません。

今回は、デッキこそ純正のまま使いますが、外部アンプ以降は全てキャンセルして、社外に交換です。

デッキからのフロント信号をロックフォードの超小型アンプT400X4adに入れ、T400X4adのハイエンドフロント2way、SPRO65Cを鳴らします。
デッキのリヤ信号は小型軽量大口径パワードサブウーファー、CerwinVegaのVPAS10に直接つなぎ、シート後方に埋め込んでズンズンと鳴らします。

おまけに、音が聞こえにくいレーダー探知機の専用外部スピーカーまで埋め込んで、オーディオロードスターがバッチリ出来上がりました\(^o^)/

「オープンじゃ、ちゃんと聴けないよね。」とお思いのオーナー様、どうぞご相談ください。
入念なデッドニングとしっかり取り付け&セッティングで、掛かった分の感動はお持ち帰りいただけるよう頑張ります!

まずはインストールの様子を御覧ください〜〜。
フェアレディZ(Z34)のサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=697


W205をBLUE MOON AUDIOのスピーカー交換でサウンドアップ♪

2017/01/05


今回はメルセデス・ベンツの事例ご紹介です。
現行モデルのCクラス、C200のセダンタイプ(W205)です。

BMW向けのパッケージであるBMWブライトオーディオパッケージとならんで、メルセデス・ベンツ向けのパッケージを開発しており、目下特設ページの準備中ですが、インストールギャラリーの個別エントリ内では、先行して見積り例のご案内を開始しておりまして、そちらを御覧頂いたお客さまからご用命頂きました。

CクラスむけプランのベースメニューとなるC-F1は、標準の8センチスピーカーをハイエンドのBLUE MOON AUDIOのユニットと、オリジナルネットワークを使って2way化。入念なドア防振によって足場を固め、ユニットの力量をしっかり引き出し、標準とは一線を画したシャープでメリハリの有る音を実現するプランで、予算は\127,000(税別)です。

対して、今回の事例のC-F1-Wは、上記F1に純正サブウーファーユニット交換も加え、各種フィルターを介在させて各スピーカーユニット間の帯域の適正化を図り、理想的な再生環境を手に入れるプランです。
予算は\169,500(税別)となります。

インストールの様子はこちらです。どうぞご覧になってください。
Cクラス(W205)のサウンドアップの様子はこちらです♪

この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=696