1. HOME
  2. ニュース

TT RSのスピーカー12個を全取替+サブウーファーでサウンドアップ♪

2019/04/02


今回はAudi TT RSの事例紹介です。

アウディのスポーツモデルTTをベースに、更にパフォーマンスを高めたRSです。
GT-Rみたいなハデなクルマを看板にさせていただいているせいかスポーツカーオーナーのお客様は多く、TTについても、インストールギャラリーに登録のある分で5台ありました。

今回のTTはオプションのBang & Olufsen サウンドシステムのスピーカー全交換+トランクへのサブウーファー搭載といった内容です。

Bang & Olufsenのヘッドユニット・アンプ・スピーカー配線は純正のまま、全12個のスピーカーを当店人気のBLUE MOON AUDIOに入れ替えました。
併せて、DSPなしできちっと音響をセッティングするために、アッテネーター、ハイパスフィルターをカスタム制作して取り付けし、調整しました。

リヤのサブウーファーは、トランクを定位置にしているゴルフバッグ様のお邪魔にならないよう、ラゲッジルームのフロア下に埋め込んで設置しました。

音質優先でツイーターをAピラーに埋め込んだ以外、例によって標準の外観をキープした、スポーティーな一台が出来上がりました。
施工の様子をどうぞご覧になってみてください♪


Audi TT RSのサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=887


屋形船は予定通り出船いたします♪

2019/03/31


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

本日の屋形船イベントの開催につきまして、荒天中止のケースを想定し、開催当日15時めどに開催の可否をお伝えする旨、ご案内しておりました。

本日は天候に恵まれましたので、予定通り開催いたします事をお知らせいたします。

ご予約いただきました皆様は、乗船時刻までにお集まりください。

詳細はこちらでご確認ください。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=886


カーオーディオマガジンvol127発売です♪

2019/03/31


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

当店が定期広告を掲載させていただいております、caraudio magazine(カーオーディオマガジン) Vol.127(2019年05月号)が発売になりましたのでお知らせいたします。

機会がございましたら御覧ください〜♪

car audio magazine
カーオーディオマガジン
2019年05月号 Vol.127
発行元:芸文社


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=885


3月31日(日)の営業時間変更のお知らせ

2019/03/30


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

イベント日の営業時間変更のお知らせです。

先般ご案内のとおり、明日3月31日(日)はお客さま&取引業者さまご参加による屋形船イベントを予定しております。
そのため、お店の閉店時間を17時(午後5時)とさせていただきます。

御来店予定のお客さまはご留意くださいますようお願い申し上げます。
m(_ _)m


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=884


3年がかりで育てたBMW318tiです♪

2019/03/26


今回はBMW318tiの事例ご紹介です。

これは、未だ1シリーズのない時代、3シリーズのコンパクトタイプとして開発されたモデルで、E46という型式で2001-2004年に生産されたクルマです。
内装張替え系のショップさんのデモカーとして活躍していたのですが、当店のお客様がお求めになりました。

最初にご入庫いただいて、ヘッドユニットの交換をご依頼いただいたのが約3年前のこと。
その後、約半年に1度くらいの頻度でご入庫いただき、一部は補修ナドも交えながら、ハイレゾ・フルマルチシステムまで上り詰めました。

ということで、3年に渡る足跡のお披露目としてご登場願いました。
どうぞご覧になってください♪

BMW318tiのサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=883


ポルシェ911(930)をスピーカー交換とアンプでサウンドアップ♪

2019/03/19


今回はポルシェ911がご来店です。
ポルシェの歴史そのものと言える911の2代目にあたる930です。

実際に所有されたことはなくても、BOXYのボールペンで弾いたことならあるよって方なら、1,000万人はいらっしゃるでしょうし、山口百恵さんのプレイバックPart2をリアルタイムで聞いた方なら6,000万人以上はいらっしゃいます。(データ)

今回お迎えした930は、8年前の2011年に初めてご来店頂いたお客様のお車で、グレードアップ施工でご入庫いただきました。

フロント2wayをJBLからブルームーンオーディオのフラッグシップのRX165に格上げし、外部アンプはカロッツェリアのPRS-D800をツイーター・ウーファーの2枚投入しました。

エンスー系車で気になる「標準の外観キープ」問題については、当然変更が生じますが、純正のデザインに差し障りのないように配慮してバッフル制作など行いました。

どうぞご覧になってみてください。

ポルシェ911(930)のサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=882


シトロエンC5をJBLスピーカー交換でサウンドアップ♪

2019/03/13


今回は先週に続いてフランス車。シトロエンC5の事例紹介です。

シトロエンC5は2001年から2015年まで生産されたクルマで、1度フルモデルチェンジしています。
今回のお車は初期型のフェイスアップマイナーチェンジ後のモデルです。

キレイなお顔をしていますが、まるまる12年は経ってますので、純正スピーカーもそれなりにヨレており、ドア周りのリフレッシュということでご入庫いただきました。

メニューはサウンドアッププログラムによる2wayスピーカーの更新です。

スピーカーユニットはJBLのSTUDIUM GTO600Cをセレクト。
ツイーターはダッシュボード上面の純正ツイーターグリル内でトレードインし、外観には一切変更を加えずに仕上げました。

フランス車の2大定義は、“しいデザインと、△瓩舛磴瓩舛稱僂錣辰討觜渋い任w
ウーファーの取り付けには、だいぶ難儀いたしました。

格闘の様子をどうぞご覧になってください♪

シトロエンC5のサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=881


アルピーヌA110をFOCALスピーカー交換でサウンドアップ♪

2019/03/06


今回はアルピーヌA110がご来店です。

アルピーヌ社は1956年創業の自動車メーカーです。
いろいろあって1973年にルノー傘下に収まった後、アルピーヌ・ルノーブランドとしての生産拠点となり、1995年をもってルノー車のみの生産に移行。長らくアルピーヌブランドが途絶えていましたが、アルピーヌ創業初期からの生産されていたモデルであるA110が、2017年に単独ブランドとしてめでたく復活しました。

そんな胸アツなストーリーに抱かれたA110のメニューはサウンドアッププログラムによるフロント2wayのスピーカー交換、4chアンプとパワードサブウーファー投入です。

加えて、LEDによるドアスピーカーのライティングも行いました☆
このクルマの純正スピーカーグリルはちょうどいい具合にスリットが空いているので、表側の加工は一切無しで、大変美しく照らし出すことができました。

フランス車にふさわしいFOCALサウンドと、アルピーヌブルーのライティングに彩られたうっとりマシンが出来上がりました(^o^)

アルピーヌA110のサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=880


【取材誌】ハイレゾカーオーディオバイブル 上級者編・発売です♪

2019/03/01


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

当店が取材協力させていただきましたムック本「ハイレゾ・カーオーディオバイブル 上級編」が発売になりましたのでお知らせいたします。

これは、カーオーディオ雑誌としておなじみの「car audio magazine」の別冊ムック本です。
2017年に「ハイレゾ・カーオーディオバイブル」
2018年に「ハイレゾ・カーオーディオバイブル初級中級編」
と発行されており、この度、「上級編」が企画・発行されることとなりました。

当サイト内DSPページにもリストアップしておりますように、海外メーカーを中心に新製品が続々と発表され、品揃えも充実の一途ですので、この分野にご興味のあるかたにはおすすめの一冊です。。

当店で取材協力させていただいたページでは、直近のインストールギャラリーでご紹介しているアバルト595コンペティツィオーネを主体にシステムの構築で必要な心得を詳しく説明しています。

ご購読の機会がありましたら、ページをめくってみてください♪

雑誌名:ハイレゾ・カーオーディオバイブル 上級編
掲載号:2019年 04月01日号
ページタイトル:上級を目指すシステムデザイン
掲載ページ:92-95ページ
出版社: 芸文社


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=879


アバルト595コンペティツィオーネのフルオーディオ♪

2019/02/26


今回はアバルト595コンペティツィオーネの事例ご紹介です。
正確には、同車をベースに制作されたコンプリートカーですね。

知る人ぞ知るインポート・カーチューナーのG-TECH制作による、EVO-R240というモデルです。
馬力は180→240馬力、トルクも23.5→33.5kg/mと大幅にスペックアップしており、最高速度も237km/h出るんだそうです。
これは楽しく乗り回せそうですね〜♪

さて、そんなホットモデルのオーダーは、ナビ+DSP+アンプに、フロント3way+サブウーファーと、走りに負けないコンプリートなメニューです。
アルパインの11型フローティングナビに、ヘリックスのDSP PRO。
デンマークのハイエンドブランド、ディナウディオの45万円の3way、JBLのサブウーファーと、コンパクトなボディに重量級のフルオーディオシステムを詰め込みました。

そして今回の華はライティングです♪
素晴らしい造形の社外スポーツシフトを引き立てるべく、アクリルで周囲を囲い、LEDライティングを施しました。

乗ってよし、聞いてよし、眺めてよしのホットな一台が出来上がりました♪

アバルト595コンペティツィーネのサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=878