1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. スバル インプレッサ

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

インプレッサのスピーカー交換とサブウーファー設置

事例No.462(お問い合わせの際にお伝えください)

スバル インプレッサ

システム
メインユニット:Carrozzeria AVIC-ZH0007
プロセッサー:HELIX DSP PRO Mk供DIRECTOR
デッドニング:フロント
フロントスピーカー:BLUE MOON AUDIO RX165
リアスピーカー:無し
サブウーハー:SCANSPEAK 30W/4558T00
パワーアンプ:MOSCONI AS100.4 x2
ケーブル:ACROLINK 7N-A1010掘7N-A1040掘kaiser swing、SoundQualityIN-SKILL、audiotechnica
バッテリー:kinetik HC1800 REV
コメント
当初のフロント2wayのみからスタートして、プロセッサー・アンプ2枚・サブウーファーを追加投入して大幅なグレードアップを果たしました。

ライティングも前から後ろまでスキがなく、聴いてよし眺めてよしのエンタメマシンに仕上がりました。
当初のエントリはこちら


ダッシュボード全景


インプレッサのスピーカー交換とLEDライティングの様子です






LEDライティングが楽しいダッシュ周りです。足元、ウーファー、ツイーターと全部光っております☆☆

兼ねてよりお付き合い頂いているお客様のクルマで、サイバーナビをヘッドとして、内蔵アンプでフロント2wayを鳴らすのみのシステムからスタートして、今回大幅にグレードアップを図りました。

メインユニットはサイバーナビを引き続き使い、ヘリックスのハイエンドプロセッサーをハイゲイン接続し、モスコニのアンプを2枚つかって増幅し、フロント2wayと、サブウーファーという構成になりました。

サウンドのグレードアップに追いつけ追い越せで、ライティングも追加投資!
ラゲッジスペースにインストールするサブウーファー・アンプ周りに、7色切替可能なLEDライティングシステムを導入しました。

最初のフロント2wayから始まって、なんだかんだで200万を超えつつあるハイパーエンタメマシンを御覧ください♪

ヘッドユニット


インプレッサのスピーカー交換とサイバーナビ交換の様子です



こちらがヘッドユニットとなるナビ。カロッツェリアのサイバーナビAVIC-ZH0007です。
最初に取り付けたものを継続して使います。

このナビのスピーカー出力がヘリックスのプロセッサーDSP PRO Mk兇棒楝海気譴討い泙后

DIRECTOR取付


インプレッサのスピーカー交換の様子です



こちらは今回導入したプロセッサーの別売りコントローラー、DIRECTORという製品です。

音源となるサイバーナビのボリュームは、テスト信号を流してオシロスコープで歪が起きる直前のベストポイントで固定しておき、プロセッサーからアンプへ送られる信号のボリュームは、このコントローラーで調節することになります。

このコントローラーによって、プロセッサーへの入力を手元で切り替えることが出来るようになりますので、外部入力としてFiloなどのハイレゾ対応プレーヤーを追加して楽しむ。なんてことも出来るようになります。

ドアスピーカー


インプレッサのスピーカー交換の様子です



こちらはフロント2wayのウーファーです。前回の施工分です。
ブランドは当店で根強い人気のBLUE MOON AUDIOのフラッグシップモデル、RX-165です。

強固なカーボンファイバーコーン、アルミニウムフェイズプラグ、ネオジウムマグネットとハイスペック素材を惜しみなく投入した製品で、パワフルでクセのないサウンドが多くのお客様を魅了しております。

この例では、アウターバッフルにスピーカーをネジ止めする際に、アクリルのリングを共締めしてあり、リングの内側に一周貼り付けたテープ状のLEDによってライティングを行っています。
これにより、リングが光るのは当然のこと、透過性のあるコーンも裏側から照らされる格好になり、とてもゴージャス感あふれる演出になっています。

ツイーター


インプレッサのスピーカー交換の様子です



こちらがピラーに埋め込んだツイーターです。
ご覧の通り、こちらも光っております。

ドア同様に、外周にリング状のアクリルを埋め込み、LED光を拡散させるような構造を採っています。

ツイーターの反射板(ブルー部分)の素材はアルミですし、それ以前にハウジングが密閉式なので、ドアスピーカーのような透過式の効果は狙えませんが、統一感のとれた演出になっていると思います。

ラゲッジルーム


インプレッサのスピーカー交換とLEDライティングの様子です



トランクルームには、ご覧の通りパワーアンプ2台とプロセッサー、サブウーハーをレイアウトしました。
加えて、表からは見えませんが、サブバッテリーもパネル下に収まっています。

フロントのサイバーナビのスピーカー出力が、写真中央のヘリックスのプロセッサーDSP PRO Mk兇貌力され、そこから、両脇のアンプへつながっています。

アンプはイタリアンブランドMOSCONI(モスコニ)のAS100.4という4chアンプです。
片側の1基でフロント2wayをまかない、もう片側の1基では、2chをブリッジしてサブウーファーを鳴らしています。
現状で空いている2ch は、今後予定しているフロント3way化のときに使う予定です♪

今回チョイスしたサブウーファーにはスピーカー保護用のグリルがありませんので、KICKERのパーツを取り寄せて使用しました。
かなりアルミホイールなデザインですね。カッコよしです( ´∀`)b

プロセッサー周りの配線


インプレッサのスピーカー交換とプロセッサー設置の様子です



今回のバージョンアップに伴い、ケーブル類もかなり奮発しております。

プロセッサー→アンプを繋ぐRCAケーブルは、当店で独自に組み合わせました。

プラグはVIABLUE というブランドの無ハンダタイプをセレクトし、CANAREの4芯ケーブルにSoundQualityIのエクセレントクライオ処理されたEXC-SP-C4S8という型番のケーブルを組み合わせています。

素直で癖のない、ストレートで芯のある音色だと感じております。オリジナルなのでコストを抑えて制作できますので、今後おすすめしていきたいと思っております。デモボードでのご試聴もできますので、ご来店の折はお声掛けください。

空いている右側4つには、ノイズ混入の防止効果があるとされるエンドキャップを装備しました。
プラグのVIABLUEのトレードマークと微妙に似ていて紛らわしいですが、こちらはaudiotechnicaの製品です(笑)

スピーカーケーブルの方は、以下のような構成になっています
メインユニット⇔プロセッサー:kaiser swing
アンプ⇔スピーカー(TW):ACROLINK 7N-A1010
アンプ⇔スピーカー(W):ACROLINK 7N-A1040
アンプ⇔スピーカー(SW):ACROLINK 7N-A1040

電源ケーブルについてはこのようになっています
メインバッテリー⇔サブバッテリー:audiotechnica TPC8
サブバッテリー⇔パワーアンプ:Minds Company N-SKILL NW-400

ラゲッジルームライティング!


インプレッサのスピーカー交換とLEDライティング・プロセッサー設置の様子です



ラゲッジルームのエンタメ度を格段にアップさせるLEDライティングを仕込みました。

運転席手元にリモコンがあり、7色のカラーチェンジと、点滅などの発光パターンの選択が出来ます。手元のリモコンで7色に調整が可能です。
これは文句なく楽しいです!!

作業後記




今回はサウンド・ビジュアルともに大型の予算を投入したグレードアップ事例をご紹介いたしました。

サウンド面では、ハイエンドプロセッサーとこれまたハイエンドアンプ、さらに多くのお客様の支持を集めるBLUEMOONAUDIOのフラッグシップスピーカーの構成となっており、ハイパワーアンプならではの余裕のあるサウンドが楽しめます。

LEDライティング等、ビジュアル面のカスタマイズについては、オーディオに比べて多少軟派な印象をもたれる向きもあろうかと思いますが、五感を楽しませるエンターテイメントとしては、オーディオと全く同じ次元の価値があるように思っています。

部分的にちょっと光らせてたのしむ。。室内を幻想的な異空間に仕立ててみる。。ご要望に応じてどのようにもコーディネートいたします。
オーディオ同様、ご満足いただけるようしっかり対応させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください♪
電話もお気軽に♪03-5913-8450です!