インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.61(お問い合わせの際にお伝えください)

Alfaromeo GT

システム
防振システム:ドアチューニング
コメント
オーディオテクニカからリリースされているAT7550、AT7560を使用したドアチューニングを施工した車両です。
2ドアのため使用する材料も多くなってしまいますが、デッドニングよりも手ごろな価格で十分効果が得られます。
モヤっとした低域をスッキリ、輪郭を持たせることが出来ました。これにより中高域も華やかに表現できるようになりました。

ドア全景




2ドアということもあってかなり大柄な印象を受けました。
鉄板はそれなりに剛性がある印象ですが、中央付近はユルくたわんでしまうので、その分、ドアチューニングの効果が期待できそうな予感です♪

第一段階




歴代のアルファロメオは内張りを外すとスポンジ状のシートが一面に強力なのりで貼り付けられています。国産には無い施工例ですが、ヨーロッパの方面では古くからこの方法が一般的のようです。

第二段階




オーディオ屋泣かせのしつこいスポンジ状の防水シートをキレイに剥し、脱脂をします。

インナー(ドア内板)のサービスホールはそれほど大きいものではありませんが、シッカリと箱を作るには塞いだ方がよいです。

アウター(ドア外板)を貼り付けるために外板も清掃して、写真では見えにくいですが、円形の防振剤であるAT7560を貼り付けてあります。
ドア面積が大きいので、今回は基準の1.5倍量である、片側6枚を使用しました。

第三段階




サービスホールをAT7550で塞いでいきます。サービスホールは大きさは無くとも細かく空いているので、こちらもシートを増量して施工しました。

外観を全く変えずにオーディオ環境の劇的なランクアップを実現するドアチューニング。好評です。

ご興味があればどうぞお問い合わせください。