インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.253(お問い合わせの際にお伝えください)

VW ゴルフ6

システム
メインユニット:Carrozzeria AVIC-MRZ009
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:FOCAL PS165
ケーブル:kaiser swing

コメント
GOLF6でサウンドアッププログラムのご依頼です。
以前のモデルに比べてスピーカーの構成が標準的になったので、選べるスピーカーの幅が増えました。

メインユニット




最近装着が増えてきたメモリーナビがメインユニットとして装着されていました。

商品のグレードとしては、HDDナビのワンランク下の位置づけなので、アンプ部やDAコンバーターなどの部品のグレードも多少下がるように聞きました。
とはいえ、このあたりの差よりも、ドア防振を含むスピーカー交換による改善効果の方がはるかに大きいので、大した問題ではないといっていいと思います。

ツイーター




純正位置に入れ替えで取付をします。

あまり大きいサイズは入りませんが、一般的なザイズよりも少し大きめなFOCALのツイーターでも何とか収めることができました。

フロントドア




GOLF5とあまり印象は変わらないドアです。
スピーカーの構成は3wayから2wayへと変更されています。

第二段階




ドア内の構造はガラッと変わっています。

流行りのモジュール構造です。予めパネルに組みつけておいて、工場ではパカンとはめつけて、まわりをパチンパチンと留めるだけで取り付けが済むように作ってあるようですね。
工場の生産性は高くなるのでしょうね。

オーディオ的には、穴がない分、当然密閉性は高まる点でよいのと、従来の構造で穴があった部分を防振材のみで塞ぐのにくらべて、防振の点でもよいので、メリットは大きいですね。