1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. リンカーン ナビゲーター

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.121(お問い合わせの際にお伝えください)

リンカーン ナビゲーター

システム
メインユニット:Carrozzeria AVIC-VH9000
センタースピーカー:MACROM M2S-41(center)
ケーブル:Space&Time Prism ENTRA-8N(center)
パワーアンプ:JBL GT5 A402
デッドニング:フロント・リア【更新】
フロントスピーカー:MACROM MOS-26(TW)・MOS-6(LOW)・MOS-X2P(NW)【更新】
リアスピーカー:MACROM MOS-6K【更新】
サブウーハー:JBL GTO1014【更新】
パワーアンプ:harman/kardon CA470(F/R)・CA280(SW)【更新】
ケーブル:audiotechnica TRC7325(RCA)・music spirits steady(SP)【更新】
フリップダウンモニター:ALPINE TMX-R1500
バッテリー:AC delco
セキュリティー:VIPER
コメント
三回目のバージョンアップでハイファイシステムにグレードアップしました。リアセンターコンソールの製作やドアスピーカーのバッフルなど大幅に手を加えています。サブウーハー以外はマクロムで統一していますが、ドライブにはハーマン・カードンを使用しているのでドライなサウンドが陽気で楽しく感じます。

車内全景




今回のバージョンアップテーマはハイファイ化とライティング。

室内灯を含めて全てLEDへ変更しています☆☆

−−−−−−−−−−−−−−−−
バージョンアップ前の登録情報はこちらです

ドアアンダーカーテシランプ




ドアを開けると足元一面がブルーに照らしだされます。

趣味の世界で実用的な表現はシラけさせてしまうかもですが、かなり明るいので、足元の安全確保にも一役買ってくれます♪
あと、鍵を落とした時なんかも結構助かります!(^^;

リアセンターコンソール




リヤセンターコンソールをそっくり作り直しました。

下部はサブウーハー&パワーアンプをアクリルのボックスで構成されており、当然のライティングもバッチリです。
アクリルのウーハーボックスはこのように「魅せる!」ためのインストールにおいて有効な素材ですが、ボリュームを上げた時にウーハーの振動がボックスに伝わってビビってしまう「箱鳴り」が限りなくゼロのため、ハイファイアイテムとしてもとても価値があります。

フロントとリヤスピーカーを駆動するアンプはフロントのコンソール位置にインストールすることとなったので、もともとフロントコンソールにあったエアコンスイッチをリヤコンソールボックス内に引っ越しさせています。

ツイーター




マクロムのMOSシリーズのツイーターを純正位置に取り付けました。
ベースにはアクリル製のリングイルミをカスタム制作してインストールしています。

比較的硬いアクリル素材をベースに使うことはツイーターの鳴りにも影響を及ぼします。特に明るく陽気な表現を狙う場合にはベストセレクションだと考えています。

フロントドア




MACROM MOSシリーズのフェイズプラグ付きモデルをフロント用にチョイスしました。
こちらもリング状のアクリル製イルミネーションをインストール。アルミ製のコーンをクールに照らします。

リアドア




リアにはマクロムのMOSシリーズでフェイズプラグ無しモデルをチョイスしました。
低域に伸びのあるこのユニットはサブウーハー要らずの迫力を持っています。

作業後記☆−−−−−−−−−−−−
室内を埋めつくさんばかりのライディングというと、ルックス追求に偏ったアウトローに過ぎる世界のように思われがちですが、それはあくまでも予算配分の問題であって、適切なオーディオ機器の選定とインストールによって、キチッとしたハイファイとの同居は可能な話です。

むしろ、音と光との融合によって、よりビジュアライズされた趣味性の高い表現ができるので、満足度の高い自分だけの世界に近づけることが可能になります。

理想と予算のあるお客様!どうぞご相談ください〜(^^;