1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. ポルシェ 911(964)

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.102(お問い合わせの際にお伝えください)

ポルシェ 911(964)

システム
メインユニット:社外
防振:なし
フロントスピーカー:MACROM M2C-61
ケーブル:KIMBER CABLE
コメント
長く愛せる名車のポルシェ。走りは現役でも電装系はダメージも増えてくる頃ではないでしょうか。今回は低予算で出来るプランです。
社外のHDDヘッドユニット(廃盤)とキンバーケーブルでマクロムのセパレートタイプの16センチを鳴らします。デッドニングは出来るだけオリジナル状態を保ちたいというオーナーの強い希望で施工する事は出来ませんでしたが、ユニット交換だけでも相応の変化を体感していただくことができました。

ノーマルドア全景




純正で2WAYシステムを搭載しているのですが、ウーハーはナゼかポケットに1/3覆われています。収納力をとるか、音響をとるか、小物を収納したいときは悩ましいですね^^;

純正(?)スピーカー




グリルを外してみると、ALPINEの同軸スピーカーが取り付けられていました。
前オーナーが交換されたものと思います。ツイーターも配線されていたので、事実上のダブルツイーターですね。ユニットのエッジは左右ともボロボロに割れた状態でした。

内装ハズシ




ユニット交換には内装の脱着が必要です。ツイーターは内張りに直接取り付けられているので、ステーを加工して裏から固定しました。ウーハーは専用のステーで取り付けられています。

ウーハー交換




交換するユニットと口径が異なるため、新たにベースを製作する必要があったのですが、MDFは使えなかったので、アルミ板を材料にリングを製作し、噛ませてみました。

完成




内装を戻して完成なのですが、ウーハーユニットが内装に空けられている穴よりも大きいため、エッジが内装に干渉しないようにリング状の緩衝材を挟んでみました。
グリルはユニットについていたものを装着する予定でしたが、ポケットが半分以上使用できなくなってしまうほど飛び出るので、ツイーター、ウーハー共に純正を使用しております。

911のリフレッシュをお考えのオーナーさまがいらっしゃいましたらどうぞご検討ください。