1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. BMW 525 ツーリング(E39)

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.88(お問い合わせの際にお伝えください)

BMW 525 ツーリング(E39)

システム
メインユニット:Carrozzeria DEH-P910
ドアチューニング:フロントドア
フロントスピーカー:Carrozzeria TS-C07A
コメント
ドアのビビリ音が気になってご来店のお客様です。年式から考えてスピーカーの破損もしくはデッキの不良が考えられるために、ドアを開けて確認する事にしました。
そもそも、ご来店の時点で音質にもご不満があったので、ドアチューニングを施工する方向で作業を承りました。

フロントドア




E39はフロントドアに13センチウーハーに5センチスコーカー、ツイーターと3WAYを装備する珍しいタイプです。
内装もあまり良い状態では無かったですので、手直しの必要も検討しました。




第一段階




想定してなかったのですが、意外にもスピーカーは交換されていました。
スピーカーベースもアルパインの製品(廃盤)が装着されていました。

第二段階




先ずはスポンジ状の黒いシートを剥がし、ドアの外板を清掃、脱脂します。
比較的外板は重厚ですので、アウターパネル用のオーディオテクニカAT7560を6枚張って防振効果を上げる程度で足りそうだと判断しました。

第三段階




インナーパネルについてはAT7550を使用してサービスホールを塞ぎます。
本来であれば、BMWはドアの中にスピーカーの音は回り込まない構造になっているのですが、スポンジ状のシートを剥がした事により、実質的にドアの中をエンクロージュアとして使用できるようになりました。
これにより容積を稼ぐことができ、つまり気味の低音を伸びやかにする事ができます。

第四段階




スピーカーを戻し、内装に干渉している部分をオーディオテクニカの吸音材であるAT7570で解消してみました。
本来はアウターパネルのスピーカー背面位置に貼り付けて使用するものですが、こういう使い方もアリですね。


旧型車のリフレッシュにもドアチューニングは大変有効です♪
長い付き合いのパートナーに小額の投資をしてあげてはいかがですか(^^)