インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.81(お問い合わせの際にお伝えください)

プジョー 207

システム
メインユニット:純正
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:JBL P660C
リアスピーカー:純正
ケーブル:Space&Time
コメント
ドアチューニングとスピーカー交換、ケーブルチューンの基本メニューをご案内しました。
このプジョー207は純正スピーカーが下向きのため、スピーカーベースを工夫して水平に向くように調整しています。諦めている方には是非参考にしていただけると嬉しいです。

ダッシュボード全景




プジョー純正CDプレーヤーをメインユニットにしたシステムです。
スピーカーケーブルを高純度線に変更し、機器が持つ本来の性能をストレスなく発揮できるようにプランを提案しました。




ドアチューニング第一段階




ごらんのように2ドア車の場合、ドアが大きいため、ドアチューニングに用いる防振剤が4ドアに比べて若干多めになります。

考え方によっては、その分コストパフォーマンスが低下することにもつながるのですが、ベストパフォーマンスを発揮させる上で必要なことですので、ご理解いただけるよう、説明に努めています。

ドアチューニング第二段階




欧州車によく見られるスポンジ状のシートが強力なのりで貼り付けられています。

プジョーオーナーはご存知(?)かと思いますが、純正のスピーカーは少し下の方を向いています(^^;)。お察しのとおり、これは音響的にそう望ましい状態とは言えませんので、スピーカーベース制作時に角度をつけて、スピーカーが水平に向くように調整します。

ドアチューニング第三段階




スポンジシートを剥がし、パネル表面をキレイに清掃します。
アウターにはオーディオテクニカのAT7560を合計6枚貼り付けて外板の防振処理を行います。

ドアチューニング第四段階




インナーパネルのサービスホールには、同じくオーディオテクニカのAT7550で塞いでドアをエンクロージュアに見立てていきます。

「第二工程」の解説でも説明させていただいておりますように、オリジナル制作のスピーカーベースは角度をつけて垂直になるように調整しました。(違いがわかりますか?)

レールとのクリアランスがかなり狭いので、マグネットが特に大きいスピーカーユニットは取付が困難かもしれませんが、一般的なユニットであれば対応可能です。ご興味がおありの方はご連絡ください♪

ツイーター




純正位置にツイーターを加工して取り付けます。
純正のネットの中に埋め込んでますので、当然、見た目は全く変わりません。

プラスチックが薄いので純正を外す際に割らないように注意が必要です。
ドアスピーカーへ向かう信号との帯域を分ける「ネットワーク」はそれぞれダッシュボードの中に仕込んであります。




今回のような外観に変更を加えないサウンドアップメニューは、車室内の雰囲気を変えたくない外車オーナーの方に好評です。

いい音には興味あるけど、ルックスは変えたくないというお客様、どうぞご相談ください。ご予算に応じて提案させていただき、ご要望に応じて背中を押させていただきます(笑)