インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.346(お問い合わせの際にお伝えください)

BMW 420i

システム
メインユニット:純正iDrive
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:ETON UG B-100W
リアスピーカー:純正
パワーアンプ:Carrozzeria GM-D1400
ケーブル:audiotechnica、musicspirit
コメント
BMW4シリーズにETONのトレードインスピーカーキットを取付け、カロッツェリアの小型アンプGM-D1400で鳴らすメニューです。
カロのアンプは「パームトップ」アンプといっても良いほどの小型サイズですが、使い勝手の良いなかなかの製品です。

ダッシュボード全景




モノトーンが渋いインテリア。見たところ、デザイン、パーツのほとんどは3シリーズと共通のようです。

日本に入荷される車両はバックカメラや地デジは全てオプション設定の様で、オーディオ取付と同時に取り付けを御依頼いただくことも少なくありません。

フロントドア




最近ラインアップに加わったばかりの4シリーズは「3シリーズのクーペ版」としてのアイデンティティーをもっています。サッシレス(窓枠なし)のドアはクーペの美しさを一段と引き立てていますね。

ドア内装は無響室の壁面のようなテクスチャ。デザインの意図はどうあれ、音の乱反射を幾分和らげる効果はあるでしょう。

第二段階




内装を外したところです。

3シリーズ同様、スピーカーがインナーパネル側に装着されるようになったので、音響の条件は一般の車と互角です。
しかしながら、若干斜め下向きに角度が付いているのは不思議です。

第三段階




防振施工の様子です。

スポンジシートを全て剥がして、清掃と脱脂をすませ、アウターパネルにオーディオテクニカの丸い防振材AT7560Rを貼ります。
2ドアは面積が大きくなりますので、少し増量しています。

ETONスピーカーシステム




今回取り付けたETONのトレードインスピーカーシステムです。
UG B-100W フロント2WAYトレードインシステム 希望小売価格は\50,000 (税別)です。

F20/F21/F30/F31/F32などインナーパネル側にスピーカーが設置されているモデルに対応した2wayトレードインシステムスピーカーで、配線は純正コネクターに接続するだけのトレードインタイプになっています。

ツィーターには25mmシルクドーム振動板に強力ネオジウムマグネットの磁気回路を採用し、ミッドレンジは10cm高音質ペーパーコーンに強力フェライトマグネットを装備しています。

なお、ツイーターがついていない標準オーディオ使用車に当製品を取り付ける場合、ツイーターブラケットとグリル(純正部品)が必要になります。(当店でも在庫しております。)

作業後記




BMW4シリーズにトレードインスピーカー+ドアチューニング+小型アンプというサウンドアップのお仕事でした。

当店では、JBLのスピーカーユニットを使用したBMWブライトオーディオパッケージが好評をいただいておりますが、今回はお客様のお好みにより、ETON製のトレードインスピーカーキットを起用することとなりました。

現時点で、スピーカーブランドが発売しているBMW向けトレードインスピーカーキットはJBLとETONの2銘柄があります。
ETONでは2シリーズ、7シリーズなど一部非対応モデルがありますが、登録台数の多いモデルはほぼカバーしていますので、ドイツ系ブランドがお好みのお客様の選択肢のひとつに加えていただけたらと思います。

ETON製品の適合表はこちら
製品ページはこちら

ご相談はお気軽にどうぞ!