1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. マセラティ クアトロポルテ

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.341(お問い合わせの際にお伝えください)

マセラティ クアトロポルテ

システム
メインユニット:純正
デッドニング:フロント
フロントスピーカー:JBL GTO609C
リアスピーカー:純正
プロセッサアンプ:JBL MS-8
ケーブル:audiotechnica
コメント
BOSEシステム搭載のクアトロポルテをフロントスピーカー取付とJBLのプロセッサアンプでグレードアップしました。
元から多くのスピーカーを持つ車両には、多チャンネルをサポートするプロセッサアンプが持ってこいの存在ですね。

ダッシュボード全景




フェラーリエンツォ、新幹線からヤンマーのトラクターまで。
工業デザイナーの枠を超えて精力的にご活躍中の奥山清行さんがデザインした、5代目のクワトロポルテです。

メインユニット




ご入庫いただいた段階で、社外のナビが取り付けられていました。
Panasonicのオンダッシュモニターと1DIN本体が本来の位置へ収まっています。
純正のデザインとシームレスに繋がる仕上げは良いですね。

カスタムで工作された形跡が認められませんでしたので、こういったパネルキットが販売されているのだと思います。

トランクルーム




ナビの取付に伴い、純正のメインユニットと純正モニターはトランクへ移設されていました。
その脇がデッドスペースとなっていたので、このスペースにJBLのプロセッサアンプMS-8を設置しました。

フロントドア




クアトロポルテのフロントスピーカーはフロントドアではなく、ダッシュボード上についています。
今回は、一般的な大きさを持つスピーカーユニットを取り付けますので、スペース的な余裕もあり、かつ一般的でもある位置に新規で取り付けることとしました。

ドアのインナーパネル(鉄板)に必要最小限の穴を開け、防錆加工を施し、アウターバッフルに接続する位置までMDFでバッフルを積層し、スピーカーを取り付けています。
アウター/インナーパネルは当然、デッドニングを施工しています。
カラーリングはドア中央部やダッシュボードで使われている黒にして、引き締めを図りました

もともとスピーカーのある位置にアウターバッフルを組むケースに比べ、全くの新設となると、デザインの難易度が高まりますね。いかがでしょうか??

作業後記−−−−−−−−−☆
この5代目モデルから急角度でセールスが向上したというクアトロポルテ。
内部機構も全面的に刷新されたそうですが、ルックスも洗練されていてかっこいいですね。

スピーカーインストールのお仕事は、やはり純正位置での差し替えが大多数になるわけですが、時には今回のようにもともと付いていないところに付けるパターンもあります。
この手の仕事となると、やはり量販店系のお店で対応できる範疇からは外れてきますので、プロショップの出番というところでしょうか。

クワトロポルテのオーディオは一応BOSEシステムが搭載されていますが、利用頻度の高いフロントスピーカーの交換を検討されるオーナー様は少なくないように聞いています。

今回の作業一式(アウターバッフル製作・デッドニング・JBL スピーカー、プロセッサ・諸掛一切)で40万円台中盤といったところです。
ご相談はお気軽にどうぞ♪