インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.316(お問い合わせの際にお伝えください)

日産 GT-R

システム
メインユニット:純正BOSE
デッドニング:フロントドア
フロントスピーカー:JBL MS-62C
リアスピーカー:純正
センタースピーカー:純正
パワーアンプ:純正BOSE
ケーブル:SUPRA classic2.5H
コメント
純正BOSE車両向けの新しいプランとしてどこのスピーカーもキャンセルせずに使用して、配線は全て引き直すというプランを施工させて頂きました。
排気音とロードノイズに負けないヘビーなサウンドをお求めのオーナー様に向くプランだと思います。

ダッシュボード全景




HKSに出入りされているオーナー様で、サーキット走行をメインにチューンなさっています。
音響の方はBOSEシステムをお選びになられ、結構音量を上げて楽しむ方とのことでしたが、特にグレードアップはなさっていません。
当店のデモカー(ソアラ)をご覧になり、ご自身のクルマもエンジン・マフラーの爆音に負けないサウンドで快適ドライブがしたい!と決心されたそうです。

フロントドア




前期型のブラックエディションという事で、シルバーメッキと黒のレザーに赤いワンポイントが特徴です。
BOSEシステムなので、ハンドグリップの奥にスコーカーがあります。

第二段階




ドアトリムを外すと現れる光景です。
BOSEシステムのスコーカーはドアトリム側に取り付けられているので、この写真には写っていません。
ドアの筐体そのものは標準仕様と変わらないようです。

第三段階




ビニールを剥がして、脱脂清掃を済ませ、アウターパネルの防振を行います。
今回はロシアのSTPの新製品である、「BOMB AERO」を使用しました。
既存の製品のSTP BOMB同様、アルミ、アスファルト、ブチルゴムの3層構造ですが、より軽量で、且つ、ダンピング性能は50%UPという製品です。

特にこの車両はマフラーが爆音なので、アウターには持ってこいの素材かもしれません。

第四段階




インナーパネルの方は従来の「STP GOLD」を使用しました。
STP GOLDについても、軽量・高ダンピングのAEROがリリースされているのですが、インナー側に比べてアウター側のダンピングを強くしてみようとおもったので、インナーは従来品を起用しました。

スコーカー




ハンドグリップの奥についているスコーカーの背面です。
冒頭でもお伝えしましたとおり、今回はBOSEシステムの11個のスピーカーの内、ツイーターとウーファー(ドアの下についてる通常のスピーカー)をJBLのMS-62Cに換装し、他は純正のまま、ケーブルのグレードアップのみ施すプランですので、写真のスコーカーは純正のスピーカーです。
BOSEのロゴと、交換した風情のスピーカーケーブルをご確認いただけると思います。

少々テクニカルな話になりますが、純正BOSEの配線はウーファーに1系統(A)、スコーカー+ツイーターに1系統(B)の2系統になっており、後者の帯域管理はツイーター側にフィルターをかませることで解決されています。

今回の換装にあたっては、(B)をそのままJBLのウーファーに接続し、(A)にJBL付属の2ウェイのネットワークに入れ、ツイーター側をツイーターへ、ウーファー側をスコーカーへ接続しています。

なお、ドアトリムの防振は共鳴する様であれば施工するという構えで進めたのですが、全く問題なかったのでそのままです。

サブウーファー




リヤシート中央に位置するボックスタイプのサブウーハーには、20cmユニットが2個使用されております。
ご覧のようにエンクロージャをきっちり防振し、吸音材を詰め、サブウーファー用のアンプが取り付けられているフタを戻して出来上がりです。

ツイーター




純正ツイーターはミラー裏に取り付けられています。
通常のサウンドアップうプログラム同様、純正位置トレードインでJBLのツイーターを取り付けます。

取り外したツイーターはBOSEシステムでも標準のオーディオのものと共通のように見えます。

純正スピーカー(おまけ画像)




純正スピーカーとの初顔合わせの時の写真です。
2008年登録で6年経過した車ですが、ここまで劣化したスピーカーはなかなか見かけませんね(汗)濡れた形跡があり、カビがしっかり生えていました。
亀裂は、大ボリュームによる負荷が劣化した部分に集中して生じたものと思われます。

ガレージの状況にもよりますが、初期のR35で音が割れたりビビったりするような症状がある場合、疑ってみる価値はあるかもしれませんね。

作業後記




これまでたくさんのR35のサウンドアップをご用命いただきました。

いずれにおいても、2ウェイなり3ウェイなりのフロントスピーカーの社外品への換装を基本とし、それ以外のユニットについては、ご希望と予算に応じて、一部入れ替えたりキャンセルしたりと、その時々の対処となっていましたが、今回は換装分含めて計11個あるBOSEスピーカー「全部を活かす」点において初めてのパターンといえます。

ハイファイの基本線としては、ドアの2or3ウェイ+サブウーファーで足りると考えますが、大音量で聴きたい、もっと量感を出したいという場合は、こういうパターンもありですね。
ずいぶん迫力のあるマフラーの音にまけないパフォーマンスを発揮する仕様になりました。

標準でも、BOSEでも、R35のサウンドアップならどうぞお任せください。
ご希望とご予算に応じて柔軟に対応さえていただきます♪
ご相談はお気軽に!