インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.291(お問い合わせの際にお伝えください)

BMW 750i(F01)

システム
メインユニット:純正
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:JBL BM5F10FSP改
センタースピーカー:なし
リアスピーカー:純正
パワーアンプ:純正
コメント
BMWで最も大きいクラスの7シリーズでBMWブライトオーディオパッケージ「F1」の施工です。

ダッシュボード全景




センターコンソールの幅が広いですね!
ウインドウ、ダッシュボード、ドアなどの元々大きな部品に比べ、一つの視界に収まってしまう見慣れたサイズの部品が大きいと、認識が揺さぶられます。

車格に関係なくサイズが一定のシートと並んでいるので、ギャップがより大きくなるのかもしれませんね。

フロントドア




こちらも大きくすっきりなドア。

見たところ、5シリーズF10系とかなり似た構造をもっていそうな印象を受けましたが、作業を進めてみると違いに気付きます。

第二段階




ドアトリムを外すと現れる光景ですが、、、なんだか印象が違います。

よく見ると、見慣れたスポンジ状のシートではなく、こちらはプラスチックのパネルが一面を覆っています。

第三段階




この車では、ご覧のインナーパネルとドアトリム(内貼り)との空間をエンクロージャーに見立てますので、一般の車のアウターパネルに対して行う防振施工を、インナーパネルに対して行います。
おなじみの格子状カットで貼り込んでいきます。

第四段階




ドアトリムの裏側もしっかりとダンピングします。
やはりスピーカーの周囲は増し気味になります。

純正スピーカー




左がドアスピーカーで、右がダッシュボード中央のセンタースピーカーです。
ドア用ユニットの方がより大きなマグネットを使っているのが分かりますね。

ちなみにF10系ですと、すべて共通のユニットが使用されています。

センタースピーカー位置




今回ご用命のメニューF1はドアスピーカーのみのトレードインなので、純正のセンタースピーカーはそのまま鳴らす選択肢がいの一番に来てしまいますが、JBLスピーカーと純正スピーカーの抵抗値が違うので、そのままだとセンタースピーカーがでしゃばってしまいます。

ということで、ステレオ感を重視する観点でキャンセル(センタースピーカーレス)にすることにしました。
ただし、配線を抜いただけだと、デジタルアンプ特有のクリップを起こしてしまいますので、ダミー抵抗を入れてアンプの誤作動を防いでいます。

作業後記




BMW全車対応で提供させていただき、お陰様で大変ご好評を博しているBMWブライトオーディオパッケージのご用命でした。

BMWブライトオーディオパッケージには、今回のご用命のようにフロントスピーカーの交換のみのF1、センタースピーカー交換を加えたF2、JBLプロセッサアンプMS-8を加えたF2-8、F2ならびにF2-8にリヤスピーカー交換を加えたF2R、F2R-8の5メニューが設定されています。

スピーカーユニットの交換と、ドア防振による環境改善、併せてオプショナルのプロセッサーも選べるBMWブライトオーディオパッケージをどうぞご検討ください。
ご希望に応じて、規定のメニューをベースとしたステップアップメニューなどのご相談も対応させていただいております。

ご相談はお気軽にどうぞ♪