インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.267(お問い合わせの際にお伝えください)

BMW 320d(F31)

システム
メインユニット:純正I-Drive
ドアチューニング:フロント・リア
フロントスピーカー:JBL BM3F30FSP
リアスピーカー:JBL BM3F30RCX
パワーアンプ:JBL MS-8
ケーブル:MusicSpirit、SUPRA
コメント
BMW ブライトオーディオパッケージのご提供を開始して間もなくご予約を頂いたお客様です。
新型の3シリーズからドアスピーカーの構造が一般的なスタイルに変更になり、スピーカーの稼働条件が改善されたため、より良い音の追及が可能になりました。

フロントドア




ドア形状とデザインでBMWが連想できてしまうのは流石。
濃密な空気感がそう感じさせるのでしょうか。改めて流石です。
しかしながら、オーディオ屋から言わせていただくと、アシストグリップの位置がもうちょっとなんとかならなかったかな?と思います。
まあしかし、F31からスピーカーがインナーパネル取り付けに変更になり、以前より条件は改善されたのでよしとしましょうか。

第二段階




鉄板にスピーカーが付いてます。新しい3シリーズの顔です!
内装にスピーカーが取り付けられているこれまでの構造でも、手を掛ければ実用域では問題ないパフォーマンスを引き出せますが、やはり元々の条件がよいに越したことはありません。
いい音出せそうですね☆

第三段階




一般的な車と同じように、アウターパネルとインナーパネルとの空間がエンクロージャーになりますので、まずはアウターをオーディオテクニカのAT7560Rを使用してチューニングします。

第四段階




次いで、インナーパネルをAT7550Rを使用してチューニングします。
サービスホールを塞ぎ、共振しそうなポイントをスポットで押さえていきます。

リアドア




フロントを少し詰めたようなレイアウト。安心感があります。
こちらも、アシストグリップがちょいと残念なところにありますね。
E90までのスピーカーはリアトレイにあったのに比べて、距離は近くなり、位置も低くなるので、相対的に調整は難しくなります。

第二段階




フロント同様スピーカーはインナーパネルの鉄板に付けられています。

第三段階




アウターをAT7560Rを使用してチューニングします。
フロントをやったあとにリアをやると、なんとなく箱庭的で可愛らしく感じますね☆

第四段階




次いでAT7550Rを使ってサービスホールを塞ぎます。

フロントシート下ウーハー




3シリーズ以外は、フロアパネルに埋め込まれているウーハーユニットの真上にシートレールが走っているので、純正よりマグネットの大きい社外スピーカーへの交換が出来ません。
唯一、3シリーズだけはオフセットした位置に設置されているので、マグネットの大きいスピーカーへの交換が可能です。

純正ウーハー




純正ウーハーはこんな形のプラスチックのボックスに収められています。
ボックスはねじ止めで組み立てられています。ウーハーユニットそのものは接着剤でボックスに固定されています。

JBL MS-8




BMWオーナーに大人気のJBLのプロセッサアンプ、MS-8です。
運命を感じるようなフィッティングじゃないですか!?ラゲッジスペースの奥にぴったりと収まるスペースがあるんです。
(ラゲッジスペースはセダン(F30)とは異なります。)

ツイーターカバー




ツイーターの取り付けにあたっては、純正ツイーターカバーが必要になります。
部品商さんから当店で取り寄せてご用意します。

ロジウムメッキギボシ




BMWブライトオーディオパッケージでは、メインユニット裏から引きまわす配線やスピーカーの接続などの接点にロジウムメッキされたギボシを採用しています。

今までは特別な指定が無い限り24k金メッキギボシでしたが、やはりパッケージには厳選したものを提供したいと思っています。




作業後記−−−−−−−−−☆

今春より提供を開始させていただいておりますBMWブライトオーディオパッケージの3シリーズのご用命でした。
同パッケージでは・・
フロントメインのパッケージとして・・・
F1   フロントスピーカーの交換とドア防振のベーシックプラン
F2   F1にセンタースピーカーを加えたプラン
F2-8 F2にプロセッサアンプMS-8を加えた上位プラン

後部座席にも配慮したパッケージとして・・・
F2R   フロント・リヤ全スピーカーの交換とドア防振のプラン
F2R-8 F2RにプロセッサアンプMS-8を加えた上位プラン

以上5プランを設定させていただいており、今回のご紹介事例は前後スピーカー交換にプロセッサアンプを加えたF2R-8になります。

特設ページで説明させていただいております通り、BMWの外観に変更を加えることなく、リーズナブルにサウンドアップを果たしていただけるパッケージですが、特に新型3シリーズについては、スピーカーの設置方法が
内装に取り付ける方法から、ドアのインナーパネルに取り付ける方法へと変更になり、スピーカーの稼働条件が良くなった分、体感上の投資効率は相対的に高い位置に押し上げられていると思います。

純正サウンドにご満足いただいていないオーナー様がいらっしゃいましたら、どうぞ解説ページをご覧になり、ご検討いただけたらと思います。
各プランには必要な要素を過不足なく盛り込んでいるつもりですが、お求めに応じてカスタマイズも対応させていただきます。
お問い合わせもお待ちしております。どうぞお気軽にご相談ください。