インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.246(お問い合わせの際にお伝えください)

スバル XV

システム
メインユニット:Panasonic CN-HD510WD
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:JBL MS-62C
リアスピーカー:純正
パワーアンプ:内蔵
ケーブル:kaiser swing
コメント
スバルの新型XVのサウンドアッププログラムです。CMで目にするタンジェリンオレンジ・パールです。
快活な外観にJBLのパンチのあるサウンドがピッタリな感じがしました。

ダッシュボード全景




インプレッサSPORTをベースにしたクロスヴィークルという位置づけの車ということです。
内装はインプレッサとほぼ同じのようです。ブラックを基調としたシックな印象ですね。

メインユニット




今や、もはやほとんどの車がナビ標準の時代ですね。
ナビヘッドに比べて、CDデッキの方が、ピックアップ部、アンプ部、ならびに回路の品質の面で勝るわけですが、あくまでも「良質な信号」の獲得のみを念頭に置いた評価であり、オーディオシステム全体のパフォーマンスアップを考えると、スピーカーユニットの品質や、その取り付けと、ドア防振による寄与の方が大きいように思います。

純正の状態では、ほとんどコストをかけてもらっていないドア周りに手を入れ、実力をできる限り引き出せるようにしたいと思います。

フロントドア全景




インプレッサSPORTの派生車ではありますが、ドアは大きくなっているようです。剛性感はあるようなので期待できます。

第二段階




内装を外したところです。
ビニールシートにゴムシートがラミネートされていますが、吸音効果?ダンピング効果??おおよそそのあたりを狙ったものだろうと推測しますが、宙に浮いている状態では、あまり効果が期待できないように思います。

第三段階




ビニールシートを剥がしてアウターパネルにオーディオテクニカのAT7560Rを貼りつけます。大きいドアですが5枚で効果が出ました。

第四段階




サービスホールを同じくテクニカのAT7550Rで塞いでスピーカーを装着するのですが、バタバタしているうちに撮影を忘れてしまいました(汗)
ちゃんとスピーカーを取り付けた状態で納車しているのでご安心を(笑)

ツイーター取付




トヨタの6.5cmツイータースコーカーと同じものが装着されていました。
トヨタとの提携による設計や部品の共通化の成果。という解釈でよいのでしょうか。
当店で用意しているオリジナルのトヨタ用スコーカーツイータートレードインブラケットを使って、JBLのMS-62C付属のツイーターをインストールします。

作業後記−−−−−−−☆
ピカピカの新車は気持ちよいですね!匂いがいいです。
最近は納車即、ご入庫。のパターンも少なくないので、最新の情報に触れる機会が増えて助かります。

今回ご入庫いただいたXVもいい車ですね!
スバルらしさが全身に漲っていて、Goodです。

スバルと言えばボクサーエンジン、独特な低域サウンドが特徴です。
この音はアイドリングから実用域まで、等しく室内に入り込んでくるようですので、ハイファイを目指すなら、それなりに対抗できるシステムを考える必要があります。

今回チョイスしたJBLのMS62Cは16センチの口径+強力な大型マグネット+バスケットもコーンも高品位なので、ポテンシャルは十分です。
内蔵アンプでも必要十分な音が出せますが、必要に応じてアンプを追加すれば、いよいよ本領発揮。ボクサーの咆哮とも十分に渡り合えることでしょう。

ご予算と目標に応じて、柔軟にプランを提案させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください♪