1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. フィアット ABARTH 500

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.276(お問い合わせの際にお伝えください)

フィアット ABARTH 500

システム
メインユニット:DIATONE NR-MZ60
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:eiju EF160CA-K
リアスピーカー:純正
ケーブル:kaiser swing
コメント
古くからのお客様で、新車でサウンドアッププログラムをご依頼いただきました。
サウンド重視派から支持を集めているDIATONEのサウンドナビが目玉です。

ダッシュボード全景




先代のNUOVAの印象を踏襲したのでしょうか、どこかレトロな雰囲気のあるインテリアです。
オーディオは1DINのCDプレーヤーがエアコンの吹き出し口とひとまとまりでデザインされています。

メインユニット




2DINパネルを使用してDIATONEのサウンドナビを取り付けました。
随分キッチリときれいにはまりますね。良くできたパネルですね☆

今やナビは必須機能ですが、サウンド重視派に人気なのがDIATONE NR-MZ60シリーズです。
専用32ビットDAコンバータや40ビットDSPも搭載し、DIATONEのブランドに相応しい出来の製品に仕上がっています。

フロントドア




コンパクトカーとはいえ、とても大きいドアですね。
デザインのキャラクターもエクステリアとよくマッチしているように思います。

第二段階




内装を外したところです。一面にスポンジシートが貼られています。

第三段階




スポンジシートを剥がし、清掃と脱脂を済ませたら、アウターパネルにオーディオテクニカの円形の防振材AT7560を貼ります。

第四段階




スピーカー配線を済ませ、バッフル、スピーカーを取り付けたらインナーをAT7550Rで塞ぎ、共振しそうな弱いところを補強して終了です。

作業後記−−−−−☆
なかなかパンチのあるいい車でした。
そして今回お選びいただいたDIATONEのサウンドナビですが、これ、なかなかいいですね。

オーディオショップとして第一の評価ポイントにあがるのは、当然、オーディオ機器としてのスペックと、実際の性能面ですが、実際に製品としての人気が出てきている背景には、ナビの機能や精度に目立った違いがなくなってきて、製品選びの視点が、本来のカーオーディオとしての機能面に回帰する流れがあるのかなと感じています。

このDIATONE NR-MZ60シリーズは明確なハイエンド志向で開発されていて、実際、音もかなりいいですし、なにより老舗ブランドの凄味もあるので、販売の状況はなかなかです。
スタンダードモデルとフラッグシップのPREMIがありますが、5万円程度の価格差があるので、よりリーズナブルなスタンダードモデルの方が売れています。
実際、マルチコントロールは行わず、イコライジングの帯域数も相対的に少なくてよければ、スタンダードのほうで十分な気もします。

A(オーディオ)は一応。。V(ヴィジュアル)とN(ナビ)がメインといった比率で作り込まれた従来の製品に比べて、目いっぱいのA+相応のV+必要十分なNといった、新しいプロポーションで開発されたのDIATONE NR-MZ60シリーズ。オススメです。

ひとまずインストールから、外部アンプまで含めたシステムアップまで。
ご相談はお気軽にどうぞ☆