インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.201(お問い合わせの際にお伝えください)

VW POLO

システム
メインユニット:Carrozzeria AVIC-ZH09CS
デッドニング:フロント
フロントスピーカー:ETON A1-160SG
リアスピーカー:純正
ケーブル:audiotechnica REXAT
サウンドプロセッサー:SPEC RSP-C3
コメント
デミオから乗り換えでお越しの常連様です。お車の購入の段階からオプションの選定やシステムの選定をお手伝いさせていただきました。
バッ直電源、スピーカーケーブルなどはREXATを使用してワンランク上のサウンドを提案させて頂きました。
密かに人気のリアルサウンドプロセッサーを左右に1個ずつ忍ばせています。

ダッシュボード全景




ディーラー直行で御入庫頂きました。
故に後付けアイテムは一切なく、そこにはただ新車の香りあるのみです。

メインユニット




ファミリーユースなので、ナビをメインにETC連動のみのオプションです。純正のETCはデッキ交換で使用できなくなってしまうので、新車ご購入時はご注意ください。
車種専用の化粧パネルを使用してフィッティングもバッチリです。

アウターパネル




少し特殊な形のサービスホール&内部構造なので、奥の方のアクセスがあまりよくありません。

ウンウンと腕をコジ入れてAT7560Rを8枚貼りつけました。比較的剛性のあるドア構造のようですので、よりシッカリとした低域が再生できると思います。

インナーパネル




サービスホールがプラスチックパネルで覆われて、ほぼシールド状態と言える構造です。

この場合、通常の車のようにサービスホールをふさぐために防振材を大きくカットして貼る必要はありません。写真のように細かくたくさんのポイントを抑える「升貼り」で対応します。

ドアスピーカー




内装と干渉しないようにサイズをコンパクトにするため、汎用のリングバッフルを積層してインナーバッフルを制作しました。

ただ、同径のリングをチューブ状に積層していくとポート化し、低域が共鳴してコモる症状がでてしまうので、違径のリングを積層し、拡散させるように配慮しています。

MDF製となるこのバッフルにはもちろん、MDF改質剤としてロングセラーの「UP TIGHT SOUND」を含浸させてあります。

ピラーツイーター




ほぼ左右対称に向けたツイーターです。
ETONは高域が比較的強く、コントロールが難しい場合がありますので、ウーハーと同じ向きで、かつ、気持ち上向きでセッティングしました。

出来上がりの美観を追求するために、パテ成形仕上後、板金屋さんに依頼してピラー全体を塗装してあります。
結構シッカリと塗ってもらいますので、制作には1週間ほど掛かる場合があります。

ドア全景




完成後のドアです。
中身はしっかり作りこんであるものの、外観にはまったく変更ありません。

作業後記−−−−−−−☆
今回は、以前お乗りだったデミオからの乗り換えで、再度お声かけいただいたお客様からのご用命でした。
リピートでご支持いただけるのはとても嬉しいですね。

今回はより高音質を追求するため、バッフル制作・スピーカー交換、デッドニングに加えて、スピーカーで発生する逆起電流を解決し、コーンの動きをよくするリアルサウンドプロセッサーや、Rexatのハイエンドスピーカーケーブルを盛り込むなど、充実の内容となりました。

このように川下をきっちりやると、ナビヘッドも全然バカになりません。
高額デッキより先にドア周り投資を優先させる妥当性を伝えてくれる好例だと思います。

ベーシックなサウンドアッププログラムをベースに、ご予算に応じて様々なグレードアップの提案をさせていただきます。

ご相談はお気軽に♪