1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. AUDI TTロードスター

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.90(お問い合わせの際にお伝えください)

AUDI TTロードスター

システム
AUDI用アダプター:TK-65
デッドニング:フロントドア
フロントスピーカー:JBL P560C
スピーカーケーブル:Space&Time Prism ENTRA 8N
コメント
音割れが原因でご来店のお客様で、システムの見直しとグレードアップのプランをご案内させて頂きました。

車室内全景




オープンカーですので、ヘッドユニットにフタがついています。
今回は当店での施工ではないのですが、フタが閉まるように取り付けるのが難しいと言われている車種でもあります。
全体的にレザーの質感共に程度の良い印象を受けました。

リアスピーカー&サブウーハー




BOSEシステムではなく、純正でサブウーハーを搭載しているモデルでしたが、ご利用になっていたアダプターがサブウーハーに対応していなかったため、音が出ていない状態でした。

今回は対応アダプター(ミドー TK-65)に交換すると共に、音像をシンプルにするために、思い切ってリアスピーカーを鳴らなくする施工をしました。

ドア全景




TTのドアは少し特殊でねじ1本で止まっているだけなのですが、構造は芸術的な設計がされています。
一般の方だと、一見してもギミックを見破るのは難しいと思います?(^^;)

第二段階




内装を外すと大口を開けてアルミフレームが噛みこんでいる光景が現れます。
スピーカーは内張りに取り付けられており、サイズは16センチ程度ですが、スポンジ状のシートに覆われているだけですので音質は絶望的です(笑)
アウターパネルを清掃脱脂して防振材を貼り付けて行きます。使用している素材はミドーの3-20ALです。

第三段階




MDFを積層させて製作したオリジナルバッフルをドアのフレームに固定します。

思いっきり雨に当たるために防水効果の高い「UP TIGHT SOUND」施工し、更に塗装を施しました。塗装する事により、防振材のノリが付きやすくなるからです。

オリジナルスピーカーベース




製作したバッフルにJBLの13センチウーハーを固定しました。
もちろん、スピーカーケーブルも高純度の銅を使用した製品(Space&Time Prism ENTRA 8N)に交換していますので、高音質は折り紙つきです♪

第四段階




インナーパネルをスーパーマットで覆います。
モーター等の露出部分を上手く避けながら貼り付けていきます。
ヒートガンを使用してやわらかくする事によりどのような形状にも馴染みますので、隙間無く防振材を貼り付けることが出来ます。
防振材が貼り付け面に密着していないと防振効果が半減してしまうので、非常に重要な工程です。




今回は随所に工夫を凝らしたプロショップならではの仕事でした。

お客様のヤル気予算がある限り!創意工夫でお応えします(笑)
お問合せはお気軽に♪