インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.205(お問い合わせの際にお伝えください)

ジャガー XJS

システム
メインユニット:Carrozzeria DEH-P760
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:純正
リアスピーカー:純正
コメント
以前、セカンドカーとしてお使いの車のドアチューニングをご用命いただき、趣味でお乗りのクルマでも音質にこだわってみたいとのことで、再度ご来店いただきました☆。

メインユニット




デッキ周りが少し特殊な構造のイギリス車ですが、特に違和感なく取付が出来ました。

パネルを制作して、もっとピッチリした感じにもできますが、コストパフォーマンスを考慮してこのような取付けにしました。
バーズアイメイプルの本物ウッドパネルが高級感を漂わせています〜。

ドア全景




大きく、広大なドアです。剛性もあります。

フラットで飾りのない意匠に時代を感じますが、セミアンティークのレザーソファのようなモダンな空気がクルマの雰囲気によく合っています。

ドアチューニング




ドアの中は近代的に攻めます!

中央のサービスホール以外は大穴はないのですが、インナーパネル全体としては強度が弱いような印象でしたので、割と大き目に配置してみました。それなりに鳴らしてもビビリや共鳴はなさそうです。

さすが、こういったこだわりの車のオーナー様です。予備でリザーブしていらしたスピーカーをご持参いただきました。純正ですので、何事もなかったかのように収まっています。

純正スピーカー




おまけ画像。取り外した純正スピーカーです。

こんな姿になっていました。エッジがボロボロになっていますので、辛うじて中音域が出る、、というか聞こえるくらいで、ビリビリ・スカスカです。
古くなればどの車も基本的に一緒ですが、特に欧州車は著しいような印象があります。

作業後記−−−−−☆
新しい車、流行りの車に最新の機器をインストールする仕事も最先端な感じで好きですが、大事に大事にされている年代のある車をリフレッシュさせ、さらに付加価値を加えるような仕事も楽しいです。

ボディーをリペアしたり、エンジンを整備したり、ブッシュやショックを取り換えてリフレッシュが図れるように、オーディオにも同じことが言えます。
むしろ、デッキからケーブル、(アンプ)、スピーカーと、外観には変更を加えずとも、純正を大きく超えるバージョンアップが計画できる分、投資価値が高いかもしれません。

これからもずっと大事に乗ってたいなと思えるお車のオーナー様、どうぞご相談ください。
ご予算の範囲内でできるだけ費用対効果の高いプランをご提案いたします☆