1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. マツダ デミオ

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.197(お問い合わせの際にお伝えください)

マツダ デミオ

システム
メインユニット:KENWOOD MDV-727DT
デッドニング:フロント
フロントスピーカー:polkaudio MM651UM
リアスピーカー:純正
ケーブル:kaiser swing

コメント
はるばる豊橋からのお客様で、当店のデミオ施工例をご覧になられてのご来店です。アウターバッフルでのインストールです。

ドア全景




一口にアウターバッフルと言っても、大きさやデザインは様々です。

今回はアウターバッフル化のメリットを享受しつつ、純正のルックスとは大きくかけ離れないイメージでデザインしてみました。

ポークオーディオのユニットのメタリックなグリルがアームレストと響きあい、すばらしい調和を見せています。

デザインと設計




デミオに限らず、純正のスピーカーグリルのデザインから類推されるスピーカーの位置と、実際の取り付け位置がズレているケースは時々あります。

デミオの場合、ご覧のようにオフセットしています。

採寸と型制作




実寸で位置出しをするためにガムテープなどで要所を覆い、マジックでアウトラインを転写します。

防振施工




ちょっと飛びますが、スピーカーベースの制作・固定が終わり、アウターパネル→インナーパネルの順で防振施工を済ませたところです。

パワーをかけた使い方をされるとのことで、今回はより防振効果の高いデッドニングを施工しています。写真には写っていないところへもいくつか工夫がされています。

造形と整形




内装をすべて戻し、音出しの点検までを済ませたらパテを利用して、アウターバッフルの造形を進めます。

いわゆる「現物合わせ」というのでしょうか、実際に取り付けた状態でパテを盛ってゆくので、内装の養生は重要です。ガムテープや養生テープ、マスキングテープなど用途に応じて使い分けています。

パテ盛り⇔切削&研磨を繰り返し、内装色にあった生地を貼って出来上がり。最初の写真の外観に到達します。

作業後記−−−−−−−−☆
今回は当店得意のデミオのお仕事でした。
ドア防振・スピーカーベース制作・スピーカー交換、スピーカーケーブル交換といった一連のメニューをパッケージ化し、サウンドアッププログラムとしてのサービス提供を開始させていただいた初期段階で注力したクルマで、一頃はデミオ専門でやってる(それ以外はやらない)んですか?とのお問い合わせをいただいたこともありました(笑)

プロモーションの甲斐もあって、継続して取扱の多いデミオですが、多くはインナーバッフル形式で、今回のようにアウターバッフル化するケースはそう多くありません。それだけに、アウター化による効果の差異を改めて実感することができました。

アウター化のメリットは、1.(内装などの)ユニット前阻害要因の排除。2.土台の安定性向上によるストロークの安定、響き具合の向上 3.音の波動の整流効果の向上などが上げられますが、今回、どの効果も程よく発揮できたように思います。デザインとの相談になりますが、バッフルをさらに拡大することによって、3の効果の増大が狙えるものと思います。

純正の外観からは、少なからず変更が加わるため、少し躊躇される向きもあるアウター化ですが、その果実は決して小さくありません。
オリジナルイメージをキープしつつ、付加された新しい性能の存在をさりげなくアピールするデザイン力に自信があります。

一歩踏み出してみることをお考えの際は、どうぞご相談ください。