1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. ポルシェ 911(993)

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.157(お問い合わせの際にお伝えください)

ポルシェ 911(993)

システム
メインユニット:純正
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:JBL PS62C
リアスピーカー:JBL P6462

コメント
この年代のポルシェのスピーカーは、コーン紙の周囲のダンパー(エッジ)に経年劣化でヒビが生じてしまい、もはやスピーカーとしての用をなさないケースも散見されます。
純正のデザインを損ねないで抜本的な改善を図る、当店でご支持いただいているプランです。

ダッシュボード全景




外観は全くのノーマルです。純正の雰囲気をキープなさりたいオーナー様といっても、デッキやらナビやらで少々の変更が加わっているケースが少なくないのですが、ダッシュボード周りを含めて、車内全てにおいて純正そのまま。オーナー様のポリシーを垣間見た気がしました。

今回の施工も当然、純正の雰囲気を尊重して行います。

ドアスピーカー




リーズナブルでしっかり鳴ると好評のJBLのセパレートタイプのスピーカー、PS62Cをインストールしました。

写真は割愛していますが、内張りの中は、オーディオテクニカの防振材AT7550とAT7560でしっかり防振を行い、オリジナル制作によるスピーカースペーサーでスピーカーの土台を強固に築いています。

こうやって眺めていただくと、それ以外の作業・加工は行っていないように見えると思いますが、純正のグリルネットにきれいに収まるように、ユニット側に加工を加えています。

スピーカーの3分の1がポケットにおおわれているのはちょっと、、という無粋な正論はこの際、脇に置いて、オリジナリティのスタイルを尊重する楽しみを優先しましょう。
古典歌舞伎のように、全く何も変えずに継承することも伝統の一つのあり方ですが、オリジナリティを残しながら、時代の要素を取り入れ、少しずつ変わってゆくのもまた伝統のあり方ではないでしょうか。オリジナルのフレームから静かに覗く最新のJBLオレンジはなかなか粋です。

リアスピーカー







リアトレイにトレードインで収めたのは、同じくJBLのP6462。2wayのプレートタイプのスピーカーユニットです。

必要十分な性能を持ち、パワフルで洗練されたルックスを有する割には、税込上代23,100円とリーズナブルなので人気の品薄商品です。(メーカー在庫があまりないというので、思わずポルシェ用に数台在庫してしまいました☆)

楕円スピーカーを覆う純正のネットは使用できなくなりますが、パワフルなデザインがカッコイイので、特にカバーを設けず、機能美を楽しむスタイルが人気です。

密度の高い質感を湛えたポルシェのイメージと呼応して、機能、デザインともにきっちり調和しています。

作業後記−−−−−−−−☆
今回は、モデルが古くなるほど愛着がわくポルシェにおすすめの一押しメニューの施工でした。
フロントをしっかりやって、リヤにも機能ルックスともに高水準なユニットを投入して、わずか13万円というリーズナブルプライスです。

純正の状態をきっちり維持するのも価値ですが、経年で機能を果たさなくなってくる部分については、新しい風を入れてみてはどうでしょうか?
オリジナルのイメージを残し、活かし、高めるデザインを提案させていただきます。
空冷ポルシェを大事になさっているオーナー様、どうぞご相談ください♪