1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. ダイハツ ミラ

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.150(お問い合わせの際にお伝えください)

ダイハツ ミラ

システム
メインユニット:KENWOOD DPX-50MD
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:純正
リアスピーカー:純正
コメント
軽自動車で純正に近いシステムでもドアチューニングを施工する事で納得のいく音質を得る事ができます。コストパフォーマンスが良いので先ずは挑戦していただきました。
ドアが大きめで防振材を増量した今回の仕様で¥39,670(税込)です。

メインユニット




KENWOODの2DINデッキが納められていました。
比較的低価格の、いわゆるコストパフォーマンスモデルに属する製品ですが、シッカリした輪郭が感じられビックリしました。
プライスと期待を適度に超える製品づくりに拍手ですね☆

ツイーター位置




ドアのミラー裏に純正ツイーター位置があります。
奥行きに多少余裕があるので、JBLのP・PJシリーズ、マクロムのM2シリーズなど、海外モデルにセットされている比較的小ぶりなセパレート型ツイータなら埋め込むことができるでしょう。
(国内モデルは大ぶりなので無理そうです)

フロントドア全景




最近の軽自動車は車体も大きく、天井も高くなっていることからドアもそれに合わせて大きくなっています。

造りそのものはシッカリしているのですが、軽い感じというか、共鳴しやすそうな感触はありますね。

第二段階




内装を外すとサービスホールがビニールシートに覆われたいつもの光景が見られます。

第三段階




清掃と脱脂を済ませ、アウターパネルにオーディオテクニカのAT7560を貼り付けます。
ドアが大きいので普通車並みの量が必要です。

この車はヒジが当たるところ(写真内で透明ビニールを残している部分)の内張りがドア内部におおきく張り出すような設計になっています。

いつものようにこの部分を垂直にふさいでしまうと、内張りがはまらなくなってしまいますので、内張りに押し込まれてたわんでいるビニールシートの形にそってAT7550を貼っていきます。

第四段階




内装の張り出し部分からAT7550を貼り始めます。(ちょっとへこんだ感じになっているのがお分かりになるでしょうか)

3つあるサービスホールもそれぞれ大きく、アウターパネル同様、こちらの防振材も普通車並みの量を使用しました。

注意ポイント




「第三段階(2枚前の写真)」の説明文中に登場した内装の張り出し部分を裏側から見たところです。
写真に写っている発泡ウレタン部分はこのあとカットしますが、周囲のプラスチック部品はカットできないので、上述のような措置をとって回避します。
単純な話ですが、適切に作業計画をたてておくと、進行もスムーズです☆

作業後記−−−−−−☆

最近では、ドアチューニングのご依頼はスピーカー換装、インナーバッフル交換とセットになることが多いのですが、今回はドアチューニングのみの施工でしたので、ドアチューニングの効果を純粋に体感していただけたと思います。

ショップが申し上げるのもなんですが、やっぱり変わりますね。
ドアを構成するあちらこちらの部材が思い思いに共鳴し、気密も確保されないので、ピントの甘いぼやけ気味の音だったものが、ポイントとなる部分の比重を上げることで、筐体の剛性があがり、共鳴が減り、輪郭が先鋭化したメリハリのある音に生まれ変わります。

カーオーディオの第一歩としての重要性を再認識しました。
ご興味を持たれましたら、どうぞお問い合わせください♪