1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. トヨタ プリウス

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.116(お問い合わせの際にお伝えください)

トヨタ プリウス

システム
メインユニット:純正
ドアチューニング:フロントのみ
フロントスピーカー:ALPINE

コメント
ハイブリッドタイプの車両が増えてきていますが、車が静か過ぎてロードノイズが気になるという声をよく耳にします。
ドア中心に防振処理をする事で多少の効果はあるとは思いますが、今回は音質改善を主眼におき、ドアチューニングを施工させていただきました。

フロントドア




独特のデザインセンスを感じるドアの内装ですが、スピーカーグリルが縦長なのが解るでしょうか。
大半のトヨタ車は楕円のスピーカーが横向きに付けられているのですが、プリウスは縦に取り付けられているようです。
音には特段の影響はないようですが、一応豆知識で(^^;

第二段階




内装を外すとビニールシートに覆われたサービスホールと交換済みのALPINEのスピーカーが現れました。

第三段階




ビニールシートを剥がし、清掃と脱脂を行います。
旧型車に比べて新車は汚れが少ないのですが、しっかりと下準備をしておかないと、防振材の密着度に影響が出てきますので、作業は入念に行います。

外板に使用する防振材はおなじみのオーディオテクニカ製AT7560です。

第四段階




大口を開いているサービスホールをAT7550で塞ぎ、その他の部分もコンコン叩いて響き具合を確認しながら、適宜抑えていきます。

作業後記−−−−−−−−−−−−−☆
あくなき燃費向上の努力の甲斐あって、ドアも随分と軽量化に成功したようです。
しかし、エコカーだからといってドライバーは常時ストイックでいられるわけでもないわけで、オーディオくらいいい感じで楽しみたいってのがホンネではないでしょうか(^^

トヨタの開発陣の努力を損なわない程度に、システムに見合った適度なドア防振を施工させていただきます♪
オーディオに不満をおもちのかたも、またドア開閉音のペラペラ感を解消したいという方も、どうぞご相談ください!