1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. ホンダ フィット

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.138(お問い合わせの際にお伝えください)

ホンダ フィット

システム
メインユニット:Carrozzeria DEH-P940
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:JBL P560C
リアスピーカー:なし
パワーアンプ:内蔵ネットワークモード
ケーブル:kaiser swing(スピーカーケーブル)
コメント
当店初の函館出張インストールです!
オーディオレス仕様にディーラーにてデッキのみ取り付けをしていただき、当店がご自宅のガレージにてスピーカー関連の取り付けと設定をさせて頂きました。やればできるもんですね(^_-)

ダッシュボード全景




うん♪スポーティでスッキリなホンダらしいダッシュですね。

ブルーのイルミもステキ☆北のオーロラにも負けなそうです。

メインユニット




ヘッドはCarrozzeria DEH-P940。
ディーラーさんで予めお取り付けいただきました。

内蔵アンプでマルチが組めるうえ、外部アンプ使用の際は内蔵アンプの電源を切ることができる発展性に優れたユニットです。

作業途中




左右のドアとデッキをばらし、配線の通り道を確保して一連の作業を始めます。

いつもピットで使っているキズ防止用のエンジの毛布も、初の北海道出張で心なしか緊張しているような・・^^;

養生テープは太いロールのまま持っていくと重いです!

ドア施工




脱脂、清掃を行い、配線を引き回すのに車両のカプラからスピーカーホールに純正配線を引き抜いておきます。

このように後から引き直す配線は、適当に垂らしておくと安全上よくありません。純正配線と平行してタイラップ等でまとめておくのが安全です。
出来る限り干渉を避けて安全マージンを設ける事が重要です。

ドアチューニング(強め)




レゲエを音量を上げて聞かれるということです♪

低域に締まりを与え、共振を防ぐため、塗るだけでMDFをめざましく改質させるUP TIGHT加工を施したスピーカーベースを取り付けます。
インナーパネルに貼りつける防振材AT7550も通常より多めに施工しました。

ピラー加工




純正位置が加工のみの設定でツイーターの取り付けに苦労するフィットですが、今回はベストパフォーマンスを目指して、カスタム位置に取り付けました。

予めショップの方にピラーを送っていただき、高さは耳のあたり、デザイン的にも主張しすぎないような自然な造形で取り付けさせていただきました。

塗装も純正のトリムカラーと調合してつや消しのグレーで違和感が無い様に仕上げてみました。

作業後記−−−−−−−−☆
ハイブリッドカーの売れ行きばかりが話題になりますが、ホンダのフィットも安定して売れてますね。
スッキリでソツのないパッケージングがとても好印象です☆

車格はコンパクトでも、定番のドアチューニング、インナーバッフル、スピーカー差し替えをきっちり行えば、ちょっとおどろいていただける、広大で重厚な音を体感していただけます♪

ご興味がおありの方はどうぞお問い合わせください。
地方のお客様はできるだけ空港の近くでおねがいします!(笑)