インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.126(お問い合わせの際にお伝えください)

ホンダ CR-Z

システム
メインユニット:Carrozzeria DEH-P650
ドアチューニング:フロント
フロントスピーカー:JBL P26T
リアスピーカー:純正(フロント)
パワーアンプ:内蔵擬似マルチ
ケーブル:kaizer swing
コメント
ホンダが手がけた日本初のハイブリッドスポーツをより楽しくドライブできる環境整備メニューです。
オーディオレス、フロントスピーカーのみ装着という仕様でしたので、不足パーツのみ導入させた擬似マルチ仕様です。

ダッシュボード全景




ハイブリッドなのにマニュアルとはうれしいですね。
どこかかしこまったエコカーのイメージを一新してくれるコンセプト。新しい時代を感じます。さすがホンダです☆

メーター周りも「走る」楽しさを後押しするような印象を強く受けます。こちらもホンダ☆
試走も違和感無くスムーズでした。ツイーターはダッシュボードの左右に設置されており、純正位置にセットしました。

メインユニット




最近流行のAVNではなく、1DIN CDレシーバーとポータブルナビとの組合わせです。

スピーカー配線は全線引きなおしでフロント出力をツイーターへ、リア出力をドアのウーハーへと接続して擬似マルチ接続をしています。

チャンネルデバイダーが無くても、前後を調節するフェーダーと左右を調節するバランスをいじることでちょっとした調整が手軽に出来るので入門者向けにお勧めしています。

ドア全景




かなり大柄なドアでした。3ナンバークラスのドアほどある印象です。
デザインもどうですか。This is ホンダ☆
ホンダ以外にはありえない自由さです〜!

パネルの感じはやはりハイブリッド車にありがちな若干薄めな気もしますがが、強度はありそうです。

第二段階




内張りを外すとビニールとゴムのハイブリッドシートがサービスホールを覆い隠しています。

スピーカーは今までと全く同じものが採用されていました。

第三段階




シートを貼り付けている接着剤をキレイに剥がし、清掃と脱脂を行います。
オーディオテクニカの外板用の防振材AT7560は貼る位置によって効果が変わってくるので、コンコンとノックして具合を見ながら配置していきます。
結果、ドアが大きいので量を増やし調整しました。

第四段階




サービスホールをアウターパネル用のAT7550で塞ぎます。
純正スピーカーと組み合わせるツイーターとのバランスを考えながら弱い部分を探して補強をします。

作業後記−−−−−−−−−
いつも若々しくて斬新なホンダがエコカーもこんなにカッコよくしてくれました☆なんだか楽しくなりますね♪
でもまぁ、なんとなくポコポコしちゃうのはエコカーのお約束。
ドアの質感アップ&サウンドアップのご相談は当店へ(^^;