1. HOME
  2. ニュース

【在庫アリ】今年も登場!ノイズフィルターつきオントモムック!

2017/12/20


「いったいどちらが付録なのか。」

定価15000円の商品がついて衝撃の4600円で手に入る!カーオーディオ業界冬の風物詩のオントモムック。
今年も華麗に登場です。

主従逆転。このドヤ顔の付録商品。
当サイトにおいでのお客さまなら説明不要のパイオニア製USBノイズフィルター「Bonnes Notes DRESSING」です。

従来品は、空いているUSBポートに刺す使い方でしたが、今回の新製品はお尻にUSBポートが設けてあり、音響機器とケーブルとの間に介在させて使う「スルータイプ」です。
USB DACやメモリーに使用する事で、PCの内部で発生するノイズの影響を受けにくくする効果があります。
繰り返し付録で登場の実績からもお分かりのように、「良くなった気がする」のではなく、「よくなる!」製品です(`・ω・´)ゞ

ビックリマンチョコやAKBのCDのように、付録目的でご購入される方も多いのですが、記事の内容もカーオーディオがフィーチャーされていて読み応えありです!
サウンドプロ・オンラインショップでも取り扱っておりますので、どうぞお求め下さい。

★★★書籍概要★★★
音楽之友社〔ONTOMO MOOK〕
●きっと欲しくなる!極上の音質改善機器 for All Sound Gear
特別付録:パイオニア製USB型ノイズクリーナー
Stereo 編
【定価】 4,968 円 ( 本体4,600 円)
【判型・頁数】 B5・24頁
【発行年月】 2017年12月
【ISBNコード】 9784276962750

●Bonnes Notes DRESSINGサイト
●音楽之友社サイト
●サウンドプロ・オンラインショップ


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=774


お客さまのおかげで表彰されました(^○^)

2017/12/15


いつもサウンドプロのサイトを御覧いただきありがとうございます。

この度、BLUE MOON AUDIOブランドスピーカーの販売元より表彰を受けましたのでお知らせいたします。
この賞は全国の代理店の中から、同ブランドスピーカーの取扱高の上位店に贈られるもので、昨年に続いて全国トップとして表彰されました。

賞状を受け取ったのは当店ですが、あくまでも、多くのお客さまのご支持に対する証であると認識しております。
受賞に慢心することなく、気を引き締めて、しっかりとした商品説明と質の高い取付作業を心がけて参りたいと思います。

今後共、当店ならびにしっかりとした仕事をしてくれているインストーラーをよろしくお願い申し上げます。

----
ブルームーンオーディオの試聴インプレッションページはコチラです。
ご興味がお有りのお客さまはどうぞ御覧ください。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=773


N-BOXをカロッツェリアスピーカー交換とサブWでサウンドアップ♪

2017/12/13


今回はN-BOXカスタムの事例ご紹介です。

ホンダのオリジナルブランドGathers(ギャザズ)のナビをヘッドに、2wayセパレートスピーカーと+サブウーファーという構成で組みました。

ただ、多くの事例とひとつだけ違っているのが、施工の対象がリヤスピーカーであるということ。
前方から音が聞こえるのが苦手というお客さまでのご依頼で、フロントには全く手を付けず、リヤのみの施工でサウンドアップを果たそうというわけです。

フロントに比べると、リヤスピーカーの設置位置の構造的条件はあまり良くありませんが、その前提でベストな音を引き出すべく、バッフルでスピーカーの高さを調整したり、防振したりと手を尽くしました。
オーナー様にはお喜びいただくことが出来たようで、一安心です♪

N-BOXのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=772


軽のワクをはみ出したハイファイエブリィ♪

2017/12/07


今回はエブリィワゴンの事例紹介です。

オーナー様は大変古くからお付き合い頂いているお客さまで、過去には2台(2代)のスカイラインをおまかせ頂き、いずれもかなりのハイエンド仕様に登りつめた、自他ともに認めるオーディオマニアのお客さまです。

1年ちょっと前に今回のエブリィに乗り換えることとなり、当初はサウンドアッププログラム程度で様子を見ていたのですが、過去の資産もあることだし!ということで、再度ハイファイの高みを目指すこととなりました。

システムはスペースの制約も考慮して、フロント2way+サブウーファーというシンプルな構成をとっています。
ハイエンドアンプ+プロセッサーによる補正で、コンポーネントの素性の良さを素直に引き出してあげる方針です。
そのため、一般的に優先順位が低くなりがちな電源の安定化や、スピーカー周りで発生する逆起電流の解決、ショートパーツの低抵抗化といった、システムの裏方部分の充実度が目立つ仕上がりになっています。

もう一台買えるくらいのお金をかけた軽自動車のお客さまは少なくありませんが、間違いなく表彰台に上がれる一台が出来上がりました♪
エブリィワゴンのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=771


カーオーディオマガジンvol119発売です♪

2017/12/04


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

当店が定期広告を掲載させていただいております、caraudio magazine(カーオーディオマガジン) Vol.119(2018年01月号)が発売になりましたのでお知らせいたします。

機会がございましたら御覧ください〜♪

caraudio magazine( カーオーディオマガジン )
2018年 1月号 Vol.119


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=770


911(997)をスピーカー交換とパワードサブウーファーでサウンドアップ♪

2017/11/29



今回はポルシェ911の事例ご紹介です。
現行の911は7代目にあたる991というモデルですが、こちらは一つ前の6代目。997というモデルです。
ご覧のようにとても現代的でかっこよいのですが、2004年がモデルチェンジですので、13年目のデザインなんですね。ワイドボディーもキマっててかっこよすぎです。

そういった年式のクルマですので、鮮度命のナビは現行のストラーダに交換なさっていましたが、純正スピーカーもそろそろ更新しないとナ。ということで、キチッと鳴るようにしたいということでご相談頂きました。

ということで、ストラーダのナビは引き続き頑張っていただいて、サウンドアッププログラムでフロント3wayとリヤスピーカーをFOCAL製ユニットに交換。大きめのエンジン音に対抗して、パワードサブウーファーで低音域の充実を図るプランで施工させていただきました。

全スピーカーユニット交換+入念なデッドニングで、単なるリフレッシュを超えたオーディオ環境を創ることができました。
オーナーの方はどうぞ参考になさってください♪


ポルシェ911(997)のサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=769


F458イタリアをBLUEMOONスピーカー交換+αでサウンドアップ♪

2017/11/22


今回はフェラーリが御来店です。
F458イタリアといい、F430の後継として2009年に発売されたモデルです。

男子垂涎のフェラーリのオーナー様からのオーダーは、サウンドアッププログラムによるドア周りの整備とパワードサブウーファーのインストール。
その他ナビ、ETC、リアカメラ、レーダー、ドラレコと、マストアイテム一式の取付をご依頼頂きました。

一連の取付作業に際して、(1)ナビ画面設置用1DINボックス新設と、(2)ツイーターマウントの2点について、標準の外観からの変更が生じることとなりましたが、車室内の雰囲気に合うように、造形、素材選定に気をつかって製作させていただきました。

お勧めしたブルームーンオーディオのAX165+サブウーファーのコンビネーションも気に入っていただけたようで、当店もHAPPYです♪

フェラーリ458イタリアのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=768


エブリィワゴンをKICKERのスピーカー交換でサウンドアップ♪

2017/11/15


今回はエブリィワゴンの事例ご紹介です。

BBSのホイールやモモステ、キュートなシフトノブなど、エブリィ・ライフを楽しんでらっしゃるオーナー様らしく、車載品はDIY取付に取り組んでいらっしゃいます。
カロッツェリアのナビAVIC-VH9990からリヤスペースに向かうケーブルの先には、キッカーのパワーアンプとサブウーファーがしっかり取り付けられていました。

で、今回ご用命いただいたのはフロントドアのサウンドアッププログラムです♪
お選び頂いたスピーカーは、サブウーファーと同じKICKERの2wayモデル CSS674。
オリジナルバッフルで取付&スピーカーケーブル交換で、入念なドア防振で仕上げます。

カッコかわいいエブリィに元気なKICKERサウンドがぴったり!な一台が出来ました(^○^)♪

スズキ・エブリィワゴンのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=767


CT200hをブルームーンスピーカー交換とMATCHプロセッサでサウンドアップ♪

2017/11/08


今回はレクサスのCT200hの事例ご紹介です。

このクルマはプレミアムサウンドシステム搭載車で、標準オーディオに比べればそれなりの音が楽しめるのですが、もっとグレードアップを。ということでお声掛け頂きました。

標準のヘッドユニットと外部アンプには手を加えず、スピーカー出力をマッチのプロセッサーアンプに入れ、フロント3way+センタースピーカー、ラゲッジスペースのサブウーファーをマルチ駆動するシステムで施工させていただきました。

見た目はフロント3wayになっていても、ツイーターとミッドレンジには同じ配線がつながっている、実質2wayの回路になっているケースはいくつかありまして、今回もその類でした。
が、今回の施工にて、フロント3way+センター+サブウーファーの全8チャンネルが全て個別に制御されるシステムに生まれ変わりました。

音も当然♪♪というわけで、オーナー様にもお喜びいただけました(^○^)

レクサス・CT200hのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=766


ムック本「ハイレゾ カーオーディオバイブル」にお客様カー掲載!

2017/11/04


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

直近発売になりました、カーオーディオ関係のムック本を紹介させていただきます。

書籍名はハイレゾ カーオーディオバイブルです。
その名の通り、最近マーケットがどんどんと拡大しつつあるハイレゾをキーワードに、フォーマットの種類、機器(プレイヤー・プロセッサー・ケーブル・スピーカー)、インストール、調整と、知っておきたいハイレゾの知識を幅広く網羅した一冊です。

そんな時代のど真ん中!のムック本に、当店で施工させていただいたお客さまのレヴォーグが事例として掲載されております!

出版社さんから、紹介できる車はないかとご連絡いただきまして、かなりマニアックな仕様のお車ではあるものの、その分、誌面映えするだろうということで推薦させていただきました。
思惑通り、なかなか見ごたえある誌面に仕上がっております!

お手にとられる機会がありましたら、どうぞご覧になって下さいね♪

【雑誌データ】
雑誌名:ハイレゾ カーオーディオバイブル
掲載号:2017年 12月1日号
【レヴォーグ掲載情報】
ページタイトル:Hi-Res MANIAX!
掲載ページ:94-95ページ


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=765