1. HOME
  2. ニュース

往復1200km!!日産GT-RをJBLスピーカー・アンプ交換でサウンドアップ♪

2017/06/21


今回はR35GT-Rの事例をご紹介いたします。

当店のデモカーがGT-Rで、GT-R専用のメニューも設定させていただいております関係上、お問合わせもご用命も多く頂いております。
今回のお客さまも、そのGT-R スーパーサウンドアッププログラムをご依頼いただいたのですが、なんと遠路はるばる秋田県からお出でいただきました

時折、遠方から御来店いただくお客さまがいらっしゃいますが、特に機動力の高いクルマの場合、ヤル気になったら距離は関係ないようですね(笑)
本来ならば、2,3日の工期をいただくところですが、おかげさまでGT-Rの施工実績は多いので、オプションのセミアウターバッフルやツイーターマウントの製作を事前に済ませておき、一日のお預かりでお引き渡し、即帰路。とものすごいフットワークでお帰りになられました。

施工経験の多い車については、今回のように事前準備を組み合わせた短工期の対応をいたしますので、どうぞ、ピットイン感覚で御来店ください(^○^)!!

日産GT-Rのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=735


CLSシューティングブレイクのロードノイズ対策!

2017/06/14


今回はメルセデスのCLSシューティングブレイクの事例ご紹介です。

ここ最近の当サイトのニュースの流れからすると、メルセデス向けの音質改善メニューであるメルセデス・ブライトオーディオパッケージとなりそうですが、今回は違います。

ご相談は「ロードノイズをなんとかしたい。。。」というものでした。

CLSといえば、メルセデスの上位グレードの「Sクラス」から派生したモデルですから、一般的には静かそうなイメージですよね。

しかしながら、皆様、それぞれの立ち位置で感じ、判断されるわけなので、この車であっても、より静かにしたいというニーズは沸き起こってくるんですね。
勉強になります。

そして、今回のお客様に対しては、当店の定番のドア防振メニューであるドアチューニングで対策することにしました。

前後4枚のドアについて、アウターアウター・インナーの両パネルに防振材を貼り込み、侵入ノイズの低減を図ります。
ドアの構造が複雑なので、工賃が材料代を大きく上回ってしまいましたが、一定の効果は得られましたので一安心です。

メルセデスCLSシューティングブレイクのロードノイズ対策の様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=734


ボルボ240GLEのオーディオをリフレッシュ!!

2017/06/08


今回はVOLVOがご来店です。
適度なクラシック感がたまりませんね、専門ショップも多く存在する240GLEです。

当店店主が以前の職場にいた頃からお付き合い頂いているお客様のクルマで、不具合の出た機器の交換とグレードアップをご依頼いただきました。

DENONの一時代を築いたDCT-R1をヘッドユニットとして続投をお願いし、壊れてしまったマッキントッシュのアンプMC420をモスコニのGLADEN ONE 80.4に交換。低域の強化として、当店人気のサーウィンベガのパワードサブウーファーVPAS10を追加。
スピーカーケーブルの引き直しと、JBLの懐かしい2wayスピーカーRT602Cのメンテも実施して、キッチリ生まれ変わりました。

すべての原因を突き止めるのに時間がかかり、だいぶおまたせしてしまいましたが、お客様のご満足いただける状態に仕上がりました。


ボルボ240GLEのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=733


ポルシェ・マカンをスピーカー交換とカロのリアモニタ搭載でバリューアップ♪

2017/05/31


今回は当サイト上で初!となるポルシェ・マカンの事例ご紹介です。

純正BOSEシステムを選択したのだけれども、どうもご満足いただけなかったようで、「もう少し中高域をクリアにできないか?」という相談でした。
BOSEは高音質の代名詞として大変有名なブランドですが、音づくりの傾向として、音声のどこにいてもそれなりに聴ける。スイートスポットを広くとった音場を志向しているようなので、低域はそれなりにズズーンと回り込んでくれても、中広域がピシッ!ビシッ!!とまっすぐ向かってきてくれる感じではないですね。
BOSEに物足りなさを覚えるお客さまの評価は、その芯の甘さ、指向性の不足感を映したものではないか、とそんなふうに思っております。

で、今回は、クラリオンOEMの純正ナビと繋がる純正アンプ以降のグレードアップというプランを承りました。
フロント3way+センタースピーカーを当店人気のBLUE MOON AUDIOに入れ替え、デッドニング。リヤは純正スピーカーのままデッドニングのみ施工しました。
加えて、後部座席のお子さん向けにカロッツェリアの売れ筋プライベートモニターTVM-900Tも取り付けました。

ドライバーもリヤのご家族も大満足の一台が出来上がりました(^o^)

ポルシェ・マカンのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=731


AMG C63S をメルセデスブライトオーディオPKGでサウンドアップ♪

2017/05/26


今回はAMG C63 Sの事例ご紹介です。

当店人気メニューのBMWブライトオーディオパッケージのメルセデス版としてリリースさせていただいたメルセデス・ブライトオーディオパッケージは、特にスピーカーの選択肢においてハンデのあるCクラス向けを皮切りにサービス開始。たくさんのお問合わせとご用命を頂戴しております。

そういった状況なので、いつかはCクラスのAMG案件をご用命いただく日が来るのかな?となんとなく期待しておりましたが、思いの外はやく実現しました!

ご用命いただいたのは、フロントスピーカー2way交換とデッドニングのC-F1に、ウーファー交換とプロセッサーアンプを追加したC-F1-8です。
今回のお車はプレミアムオーディオのブルメスター仕様車であったので、標準オーディオでは1つのサブウーファーが2つあるなどの差異をカバーし、スピーカーのグレードアップと、よりよいリスニング環境整備のためのツイーター位置変更等のカスタマイズを加えてのご用命となりました。

AMG C63 Sのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=730


R35最終!GT-RをJBLスピーカー交換でサウンドアップ♪

2017/05/18


今回はGT-Rがご来店です。

現行のデザインの最後のマイナーチェンジとウワサされる2017年モデルです!
最高出力はついに565hpへとアップしており、audi R8の540ps、ポルシェ911ターボの540psと比べても上をいくレベルに到達しております。
オーナー様いわく、特別限定色の「アルティメイトシャイニーオレンジ」がご購入の決め手になったそうです。たしかにこのカラーは惹かれますね〜。当店も欲しいです!

そんなオーナー様のオーダーは、BMW、メルセデス向けメニューと並ぶ当店の人気メニューのひとつ。GT-R専用のサウンドアップメニューのGT-Rスーパーサウンドアッププログラム です。

フロントスピーカー交換+デッドニングのV1から、アンプ投入+リヤスピーカー交換のV3まで3プラン展開のうち、V3をご指定いただき、さらにツイーターマウント制作と、アウターバッフル化のオプションもご用命頂きました。

ぶっちぎりのスポーツ性能に完全に置いてけぼりを食っている純正オーディオをしっかりキャッチアップ!
変身の様子をごらんくださいー。

GT-Rのサウンドアップの様子はこちらです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=729


インプレッサをプロセッサー・アンプ・ライティングでグレードアップ♪

2017/05/12


今回はインプレッサのオーディオ&ビジュアルグレードアップ事例のご紹介です。

オーナー様は以前よりお付き合い頂いているお客様で、当初は、カロッツェリアサイバーナビをヘッドユニットとして、内蔵アンプでBLUE MOON AUDIOのフロント2wayスピーカーを鳴らすところからスタートしたのですが、途中、幾度かの手入れを経て、今回ご紹介するシステムまで到達しました。

サイバーナビ・スピーカーは継続使用して、ヘリックスのプロセッサーと、MOSCONIのアンプ2枚、サブウーファーを投入し、RCA・スピーカー・電源の各ケーブルのグレードもグンとあげてあります。

さらに、耳ばかりでなく目も楽しませようということで、当初よりのフロント2wayユニットに加えて、ラゲッジルームのサブウーファー周りにLEDライティングを施しました。
7色切り替え&発光パターンが選べるライティングで、エネルギッシュにも、幻想的にも、様々な空間を演出してくれます。

聴いてよし、眺めてよしのエンターテイメントマシーンが出来上がりました♪

スバルインプレッサのスピーカー交換+LEDライティングの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=728


S2000をDEH-970デッキ交換とスピーカー交換でサウンドアップ♪

2017/05/03


今回はホンダの名車、S2000の事例ご紹介です。

2009年の販売終了から8年という時間が経ちますが、この個性豊かなスタイリングに加えて、ホンダの希少なFRスポーツというプレミアム感も所有の喜びを高めるポイントになるのでしょうか、綺麗に維持されている車両を多く見かけるクルマのひとつですね。

今回のお車も、大事に乗られているそんなS2000の内の1台です。
外からはオーディオに手を入れていることが判らない様にしつつ、サウンドアップしたいというご要望で、カロッツェリアの名機DEH-970、アルパインの2wayスピーカー共に純正位置でのトレードインを行い、外部アンプは見えにくい場所へ設置させていただきました。

6ch分のDSPと50W×4chアンプがわずか35,000円!という異次元のコストパフォーマンスを誇るDEH-970で最適化された音場と外部アンプパワーで、乗って楽し!聴いてなお楽し!のオープンスポーツカーが出来上がりました♪


ホンダS2000のデッキ交換+スピーカー交換の様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=727


ポルシェ・ケイマンGTSをFOCALスピーカー交換でサウンドアップ♪

2017/04/27


今回はポルシェケイマンGTSの事例ご紹介です。

純正ナビヘッドをメインユニットとして、フロント3wayと、リヤの同軸2wayをFOCALのスピーカーに置き換えてサウンドアッププログラムの施工をご用命頂きました。

合わせて、当店売れ行きNo.1のハイパワー&コンパクトなパワードサブウーファー、CewinvegaのVPAS10も取り付けました♪

340馬力のパワーユニットを搭載するハイパフォーマンスモデルならではの、侵入ノイズに十分抵抗できるシステムが組み上がりました(^o^)/

ポルシェ・ケイマンGTSのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=724


スイフトスポーツをJBLスピーカー&アンプ&サブウーファーでサウンドアップ♪

2017/04/20


今回はスイフトスポーツの事例ご紹介です。

ご用命いただいたのは、フルJBLでリーズナブルにマルチシステムを構築していただけるGTOコンプリートパッケージのType3です。

DIATONEのSOUND.NAVIをヘッドに据え、RCA出力をJBLアンプ GTO3EZへ入れ、JBLの13センチ2wayスピーカーGTO509Cと、30cmの巨砲サブウーファーGTO S3-1224を鳴らします。

16センチユニットに比べ、スピード感の表現に優れる13センチユニットと、重厚な量感で支える30センチサブウーファーの組み合わせはまさにベストコンビで、所定の手順を踏んだドア防振施工と、相応の分解能をもったJBLアンプから受け渡されるクオリティの高い信号との出会いにより、純正とは一線を画した世界を体感していただけるシステムです。

スズキ・スイフトスポーツのサウンドアップの様子はコチラです♪


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=722