1. HOME
  2. ニュース

MINIクロスオーバーにデッドニング施工とAP8.9bit投入でサウンドアップ!

2015/11/21


今回はミニ・クロスオーバーがご来店です。
ミニのSUV版として登場して4年目だそうです。だいぶ見かける機会も増えました。

今回のご依頼は、他ショップさんでインストールなさったスピーカーの稼働環境を整えるためのドア防振施工と、4chアンプを人気のプロセッサー、オーディソンAP8.9bitにグレードアップ。その他全体的なブラッシュアップという内容です。

ミニはツイーター・スコーカー・ウーファーの3way構成になっていますが、すべて1系統の信号を分け合う配線になっており、ウーファーに至ってはフルレンジで鳴ってしまってますので、AP8.9bitで個別に制御できるようになると、かなり音像がはっきり。これか!これだな〜!という感じで、しみじみとクオリティアップを体感していただけると思います♪

ミニ・クロスオーバーのサウンドアップの様子はこちらです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=612


トヨタシエンタをアルパインのスピーカー交換でサウンドアップ!

2015/11/13


今回はトヨタのシエンタが来店してくれました。

比較的ほんわかとしたファミリーカー的なイメージをもっていたのですが、今回のモデルチェンジで随分カッコよくイメチェンしましたね。Gzモデルもあるのかな。と検索してしまいました。

今回はワンストップでドア周りの整備ができるサウンドアッププログラムをご用命頂きました。
スピーカーはフェイズプラグが美しいアルパインのミドルクラスALPINE DDL-R170Sを起用しました。

このクルマはダッシュボードの左右で高さが異なり、加えてフロントガラスの傾斜がきついため、ツイーターのセッティングに苦労がありましたが、アルパインらしいパンチのある音が引き出せたと思います。

トヨタシエンタのサウンドアップの様子はコチラです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=611


新製品情報!!

2015/11/12


いつもサウンドプロのサイトにアクセスしていただき有難うございます。

新製品情報コーナーを2ブランドで2件登録しましたのでお知らせいたします。
ご興味のある製品がありましたら是非チェックしてみてください♪

JBL
ハンズフリーキットTrip
JBLから、スマホとブルートゥース接続できるハンズフリーキットが発売になりました。
スマホへの着信とのハンズフリー通話の他、グーグルマップなどのスマホナビの音声再生が可能です。
充電式なので、屋外での音楽再生も楽しめます。
コンパクトな筐体に大きめのJBLエンブレムがキュート。是非お手元に一個!

オーディオテクニカ
スピーカー・オーディオケーブル
RealStageリアルステージブランドに11製品が追加ラインアップされました。
今までのPCOCC+OFCハイブリッドから、PC-TripleC+OFCへ素材変更を受け、被服も一層耐熱耐震構造になりました。

商品に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ☆


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=610


シトロエンC5にBLAMスピーカー交換でサウンドアップ♪

2015/11/06


今回はシトロエンC5がご来店です。

音の出口の整備ということで、スピーカー交換とドア防振、ケーブル交換がセットになったサウンドアッププログラムをご用命頂きました。

今回お選びになられたのは、シトロエンと同じフランス製の気鋭ブランドBLAMのスピーカーセットです。
古くから有名なFOCALの技術者が独立してつくったブランドで、特にヴォーカルの再生を得意とする、個性豊かな味のあるユニットです。

クルマもスピーカーも同じフランス出身というのがヨイではないですか。
音に加えて雰囲気も楽しめて、二重丸ですね♪

シトロエンC5のサウンドアップの様子はコチラです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=609


デミオにルーフ・ドアデッドニングで静寂性アップ!!

2015/10/30


今回はデミオがご来店です。

オーナー様いわく、「車外の音が入ってこないように、しっかり対策したい」とのこと。

昨今の新車はハイブリッド車でなくとも、最高水準の環境性能を備えることが前提となっており、軽量化のために高張力鋼板を使うため、一昔前に比べて鉄板が薄くなっています。

伺った所、車外から定常的に聞こえてくる音もそこそこ大きく、雨降りの時のルーフや、高速道路移動等、ノイズが大きくなるような条件可では、一段とうるさくなってしまうとのことでした。

そこで今回は、ルーフとドアのデッドニングを提案し、施工させていただくこととなりました。

サウンドアップのための施工ではないので、ドアの内装とインナーパネルには手を付けず、アウターパネルに制振・吸音効果に優れるレアルシルトアブソーブを施工し、ルーフには、受け持ちの周波数帯別に3つのマテリアルを3層に重ねて施工することで、本格的な対策をとりました。

ルーフはだいぶ手間がかかるため、それなりの予算が必要になりますが、抜本的な解決をお望みの方はどうぞ参考になさってください。
デミオの静寂性アップの様子はコチラです!

なお、他にも室内デッドニングの事例がありますので、併せて御覧ください。
ハイエース(フロア)フェラーリF430(フロア・ルーフ)


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=608


caraudio magazine & GT-R Magazine発売です♪

2015/10/20


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。

ご報告が遅れましたが、当店が定期広告を掲載させていただいております、caraudio magazine(カーオーディオマガジン) Vol.105(11月号)が9月30日に発売になりましたのでお知らせいたします。

加えて!

当サイト初登場。GT-Rマガジン最新号のご案内もさせていただきます。
当店もブース出展させていただいた、本年9月20日(日)開催のR’s Meeting 2015 in 富士スピードウェイの様子が掲載されています。

機会がございましたら「R’s Meeting 2015 」速報ページを御覧ください。当店も掲載されています♪

caraudio magazine( カーオーディオマガジン )
2015年 11月号 vol.106
9月30日(水)発売

GT-R Magazine 125号
10月01日(木) 発売

当店が広告を掲載させていただいている雑誌紹介ページはこちらです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=607


FOCAL製品価格改定のお知らせ

2015/10/20


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただき有難うございます。

当店でも取り扱いの有りますFOCAL製カーオーディオ製品に付きまして、価格改訂の通知がございましたのでお知らせいたします。

対象商品と新旧価格につきましては、コチラに掲載させていただいておりますので、ご確認ください。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=606


ハリアーにHelix DSP PROプロセッサーとアンプでサウンドアップ!

2015/10/16


今回はハリアーがご来店です。
他ショップさんでスピーカー交換とドア防振をお済ませの状態でご入庫いただきました。

iPodをソースとして、デジタル高音質再生がしたいということで、あらかじめメールでデジタルトランスポート、プロセッサー、アンプ、サブウーファーの取付含むプランをご相談いただいていたのですが、ご意向を伺ううち、サブウーファーは不要のような感じでしたので、外した内容にてご提案し、施工を承りました。

今回は外部アンプでパワーがかかりますので、防振の強化等、施工済み部分の手直しも含めてしっかり仕上げました。

プロセッサーは、内部処理の動作サンプルレートが96KHz/24bitで処理され、業界初のハイレゾプロセッサーとして誉れ高いヘリックスのフラッグシップDSP PROを使い、新製品の4万円もするタッチスクリーンコントローラーDirectorも投入ということで、機器に申し分ありません。
宝の持ち腐れにならないよう、汗をかきながらしっかり調整させていただきました(笑)

だいぶご満足いただけているご様子のオーナーコメントも頂戴でき、感無量です(T-T)

トヨタハリアーのサウンドアップの様子はコチラです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=604


ホンダ・ヴェゼルにJBLスピーカーとナカミチデッキでサウンドアップ!

2015/10/09


今回はホンダ・ヴェゼルの事例ご紹介です。
オーナーは古くからのおなじみ様で、クルマの乗り換えに伴う移設と、システムアップをご依頼いただきました。

前車からご愛用のナカミチのハイエンドCDデッキCD-700兇法KAILASのチャンネルデバイダーと10年選手の川上に対して、川下はMOSCONI のアンプとJBLのスピーカーいずれも現行品と、年代もブランドもクロスオーバーした構成です。

時代は、これまでの一曲5MBの圧縮オーディオから、非圧縮&大容量のハイレゾへと目線を上げようというタイミングに差し掛かっておりますが、(スタート地点だった)ハイエンド再生のCDの音の品位ってこれなんだよなぁ。と再確認させてくれるクルマができました。

ホンダ・ヴェゼルのサウンドアップの様子はコチラです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=603


GT-Rをアルパインスピーカー交換でサウンドアップ!

2015/10/02


今回はGT-Rがご来店です。
先般、GT-R向けにスーパーサウンドアッププログラムをリリースさせていただいてから、お問い合わせいただく機会が増えました。
ありがとうございます。

ということで、今回のオーナー様のご依頼いただきましたのは、同サウンドアッププログラムのユニットグレードアップ版です。
標準メニューのJBLユニットをアルパインのフラッグシップ2way、DLX-Z17PROとし、3way構成のBOSE仕様車なので、3インチスコーカーをJBL製とトレードしました。
合わせて、音質向上への寄与度の大きい、チューンアップメニューのツイーターマウント製作と、アウターバッフル化もご依頼いただきました。

ロシア製防振材によるデッドニングでエンクロージャーもバッチリ固まり、ハイエンドユニットが華麗に踊るゴキゲンな車が出来ました。

オーナー様からも評価コメントを頂戴し、嬉しく感じております♪

日産GT-Rのサウンドアップの様子はコチラです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=602