1. HOME
  2. ニュース

【広告掲載誌】CAR AUDIO NAVI CATALOG 2014発売!

2014/12/17


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただき、有り難うございます。
当店の広告掲載誌のご紹介です。

誌名はCAR AUDIO NAVI CATALOG 2014です。
カーオーディオ、カーナビの総合掲載誌で、多くのプロショップの店頭で見かける1冊です。

今回は、DYNAUDIOのデモカーとして製作した時の当店のGT-Rも掲載されています。(現在は別のユニットに換装済みです)

全国の有名書店で1年を通して販売されております。
読み物としてもデータベースとして有用ですので、手元に置かれてはいかがでしょうか。

誌名:CAR AUDIO NAVI CATALOG 2014
発売:2014年12月10日
出版社:交通タイムス社


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=551


BMWアクティブハイブリッド3を全スピーカー交換でサウンドアップ!

2014/12/13


今回はBMWのアクティブハイブリッド3が来店してくれました。

現行のBMWのオーディオシステムは、標準、Hi-Fi、TOPHi-Fi(harman-kardon)の3グレードがありますが、その中のHi-Fi車にBMWブライトオーディオパッケージのF2Rを施工いたしました。

F2Rはフロント・リヤ・センターの全スピーカーの交換とドア防振を加えたメニューで、これで音の出口の整備はバッチリです。
更に上位のF2R-8となると、audisonのプロセッサアンプAP8.9bitが加わりますが、このおクルマは別体アンプを驕るグレードですので、これでひとまずヨシでしょう。

BMW ActiveHybrid 3のオーディオインストールの様子はこちらでどうぞ。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=550


新製品情報UPDATE!BLAMスピーカーセットなど

2014/12/10


いつもサウンドプロのサイトにアクセスしていただき有難うございます。

久しぶりに新製品情報コーナーを2件登録しましたのでお知らせいたします。
ご興味のある製品がありましたら是非チェックしてみてください♪

Groove Audiosystems for BMW
グルーブインターナショナルからリリースされているBMW(MINI含む)用JBLスピーカーキットの一覧です。
当店のBMWブライトオーディオパッケージでも採用させていただいています。

BLAM
FOCALのカーオーディオ部門の立ち上げに携わったボンネビル氏が新たに立ち上げたブランドです。
フラッグシップモデルは2wayで30万円オーバーと値が張りますが、その音は通好みのなかなかのものです。
アンプもあります。

商品に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ☆


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=549


caraudio magazine 最新号に載りました!

2014/12/08


いつもサウンドプロのサイトに遊びに来ていただきありがとうございます。
今年もあと1ヶ月を切ってしまいましたね。年内の最後のカーオーディオイベントも無事終了して、年末の大掃除に向けて頑張っていきましょう!

さて、11月29日に発売になりましたcaraudiomagazine(カーオーディオマガジン) Vol.101(1月号)に当店取材記事が掲載されましたのでお知らせいたします。

ページタイトルは「CAR AUDIO UNIT&PARTS」で、当店も鋭意勉強中のハイレゾ音源活用に関する取材をしていただきました。♪

ご購読の機会がありましたら、当ページもご一読ください。

caraudio magazine
カーオーディオマガジン
2015年 01月号 vol.101
11月29日(土)発売

当誌を含む、当店掲載雑誌の一覧はこちらです


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=548


クアトロポルテをスピーカー交換とプロセッサアンプでサウンドアップ!

2014/12/06


今回はマセラティ・クアトロポルテがご来店です。
最新の一つ前の5代目にあたり、今をときめく奥山清行さんがデザインしたモデルです。

このクルマは純正でBOSEシステムを搭載していますが、今回はフロントスピーカーをアウターバッフル形式で取付け、プロセッサアンプでドライブするプランで施工しました。

もともとドアにスピーカーを持たないモデルですので、内装、インナーパネル共に切削を伴う作業内容となりました。

マセラティ・クアトロポルテのオーディオインストールの様子はこちらでどうぞ。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=547


BRZをスピーカー交換+サブウーファ2基搭載でサウンドアップ!

2014/11/27


今回はスバルBRZのシステムアップ事例のご紹介です。

当初はFOCALの3ウェイユニットでのサウンドアッププログラムのみ施工させていただきましたが、今回はオーディオイベントへの参加を念頭に、大幅なシステムアップをご依頼いただきました。

ツイーター、ミッドレンジのアウター化、リアスピーカーの追加、フロント・リヤスピーカーのLED照明追加、サブウーハーとパワーアンプの追加といった、耳も目も楽しめる(楽しませる♪)内容となっています。

参加イベントはユナイテッドサウンドミーティング
11月29日に大磯ロングビーチ第1駐車場で開催されます。お暇があったら遊びに来てくださいね。

スバルBRZののオーディオインストールの様子はこちらでどうぞ。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=546


300Cをスピーカー交換+audison Bit oneでサウンドアップ!

2014/11/21


今回はラグジーな300Cがご来店です。

カーオーディオイベント出場(&賞狙い!?)を念頭に、純正ヘッド以降を一通り手を入れました。
ハイファイ音源はソニーのハイレゾプレイヤーNW-ZX1、audisonのデジタルプロセッサBit oneとcelestra のアンプ2枚を介して、HybridAudioのフロント2ウェイスピーカー+cewinvegaのクールなサブウーファー2発を鳴らします。

音響特性を自在に操るデジプロにより、細かなディテールのハイファイサウンドもイケますし、ツインサブウーファーでドカンとやんちゃな遊びもこなします。

オーナーさんはこの仕様で本年最後のカーオーディオイベントユナイテッド・サウンドミーティング(11月29日at大磯ロングビーチ)に出場なさいます。結果が楽しみですね。

クライスラー300Cのオーディオインストールの様子はこちらでどうぞ。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=545


ジャガーXFをデッドニングでサウンドアップ!

2014/11/08


今回はジャガーXFがご来店です。

B&Wサウンドシステムを標準搭載したグレードのクルマで、スピーカーを含めてシステムには一切手を加えずに、デッドニングのみでレベルアップを図りました。

施工前の音は、低域の締まり。全体的なディテールが甘い。といったドア防振を行っていない車特有の傾向がありましたが、施工後は適度に締まり、なかなかいい感じになりました。

今回のお客様はみんカラユーザののじぞー様で、既存のお客様Summer Rain様のご紹介です。
BMWのお客様など、他でもみんカラ繋がりでご用命いただく機会は少なくありません。
SNSの時代なんですね〜〜。

ジャガーXFのオーディオインストールの様子はこちらでどうぞ。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=544


2014/11/01


今回はクラウンアスリートのハイブリッド車がご来店です。

標準でトヨタプレミアムサウンドシステムが装備されているクルマですが、もう一段グレードアップなさりたいということで、当店の人気メニューのサウンドアッププログラムを施工させていただきました。

デッキ裏からドアに渡るスピーカーケーブルの交換、ドアの防振、インナーバッフル製作、スピーカー交換と、ワンストップでドア周りのグレードアップを行い、より車格に相応しい重厚感のある音に仕上がりました。

クラウンハイブリッドのオーディオインストールの様子はこちらでどうぞ。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=543


R35GT-Rをaudisonの8.9bitでサウンドアップ!

2014/10/24


今回はR35GT-Rのご紹介です。

純正BOSEシステム搭載車ですが、ブラッシュアップを!というご依頼をいただきました。
スピーカー交換&防振のサウンドアッププログラムでも、変化をしっかり体感していただけるものを思いますが、今回はそれに加え、BOSEのアンプをキャンセルして、プロセッサアンプの人気モデルaudison prima 8.9bitを投入することとなりました。

最近公開のこちらのページでも解説させていただいておりますが、プロセッサアンプを加える事で・・・
(1)クロスオーバー:ユニットごとの精密な帯域分割
(2)タイムアライメント:各ユニットから耳への音の到達時間設定、
(3)イコライジング:帯域ごとの強弱の補正
以上が可能になり、アナログ時代には手に入らなかった、見晴らしの良いサウンドを楽しむことが出来るようになります。

さらに同機は、iPhoneなどの楽曲データのデジタル直接入力にも対応しており、究極のクリアネスを視野に入れたシステムアップが可能となっております。

GT-Rオーナー様のみならず、ドア周り整備後の次の一手としてお勧めのプランです。どうぞご検討ください♪

GT-R(R35)のオーディオインストールの様子はこちらでどうぞ。


この記事のURL:http://www.soundpro.jp/news/index.php?id=542