1. HOME
  2. インストールギャラリー
  3. マツダ スクラム

インストールギャラリー

サウンドプロ自慢のインストール事例を御覧いただけるコーナーです。
豊富な写真と解説、関連の話題などもご覧いただけます。
当店ご利用前の作業レベルの評価や、施工プラン検討の材料としてご活用ください。

事例No.167(お問い合わせの際にお伝えください)

マツダ スクラム

システム
メインユニット:clarion
デッドニング:フロント
フロントスピーカー:JBL P560C x 3セット
リアスピーカー:無し
パワーアンプ:JBL GTO1004
ケーブル:audiotechnica、SPACE&TIME
バッテリー:Panasonic caos
セキュリティー:Crime Guard
コメント
仕事用のトラックをノリでイベント用にチューンしました。ワゴン用のボディパーツとエアロをまとい、それなりにキマッテマス。

システムはいたってシンプルなフロント2wayネットワーク仕様の2チャンネルステレオです。2011年度の関東JBLミーティングでパワークラスのユーザーチョイス第6位とハーマンズチョイスを受賞したクルマです。

メインユニット




オーディオ一体型カーナビゲーションですが、グレードはそう高くないので、あまりきめの細かい信号は望めません。

しかしながら、与えられた条件で最大限良い音を目指すのがモットー。今回はデッキ裏のスピーカーケーブル以下の川下部分で勝負します!

ツイーターベース




フロントのピラーをワゴン用から流用し、加工して製作しました。

JBLのスピーカーシステムP560C を3セット使用しているので合計6個のツイーターがフロントガラスに向けて設置されています。
全部同じ角度では音の広がりが無いのでねじれを加えています。それなりに複雑な形状をしていますので、表面は合皮貼りではなく、塗装で仕上げました。
(棚の上のJBL製品の在庫が映り込みまくっててすいません;;)

ドアバッフル




こちらも片側3つのスピーカーが取り付けられています。ネットワークは全てドアの中に防水処理をして収めてあります。

13センチを3発同時に鳴らした場合の効果ですが、低域の面では、ほぼ20センチのスピーカー1発と同等の低域が得られる感じです。中高域については、13センチならではのスピード感がそのままですので、トータルでメリハリのあるサウンドが得られます。

ただし、沈むような重低音は13センチをいくら並べても出ないので残念なところです。このあたり、餅は餅屋というところでしょうか。

パワーアンプ




カメラの向きを間違えたのではありません^^;、置き場に困ったパワーアンプは天井に吊るしました。
大きさもドンピシャですね。一般的にFETアンプは放熱の問題から逆さまにするのは良くないのですが、今回は直列で繋いだスピーカーの抵抗値が9オームと大きく、アンプの出力もブリッジ接続で200W近いため、ほとんど熱を持ちません。もちろん、実際に72時間連続駆動テストも行いました。

作業後記−−−−−−−−−−☆
今回はなんとも楽しい、高校の文化祭ノリの制作でした☆

商用車のような、本来用途が特定されているようなクルマをいじる場合、あんまり奇をてらい過ぎるとスベる確率が急速に高まるので、それなりのセンスと、ギリギリのところでグッとこらえる節度が大事ですね。

パーツのひとつひとつは控えめですが、センス良くまとめられた外観に対して、もう一段のアツさを宿しつつも、はじけすぎないようなバランスのインストールで挑んでみました。

純正ルックスキープのお仕事も得意ですが、こういうタイプのお仕事も大好きなので、モヤモヤッときたお客様がいらっしゃいましたら、どうぞご相談ください!