現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • ご注文の流れ
  • 特定商取引に関する法律

ブレイムスパワーアンプHQA-450NS

ブレイムスパワーアンプHQA-450NS


ブレイムスHQA-450NSはあえてパワーを追求することなく、音質を最優先に企画設計を行いました。
その電源部にはDC/DCコンバーターを使用せず、バッテリーからの電圧を直接パワー段のD-MOS FETデバイスに供給することで、
ノイズ混入が極めて少ない高音質な増幅を実現しています。
そのサウンドクオリティーは、透明感、解像度が非常に高く、全帯域において低歪みを実現し、音楽の表現性にとても優れてます。
さらに非常に軽量、コンパクトで低消費電力というカーオーディオの新しい可能性を持つパワーアンプに仕上がっています。


ノンスイッチングパワーサプライ
電源ノイズの一因となるDC/DCコンバーターを使用してないので、ノンスイッチングパワーサプライと命名しました。
パルスノイズの混入が全く無いクリーン電源でアンプ内すべての増幅回路を駆動しているため、優れた透明感、空間表現、解像度を実現しています。
高周波ノイズは直接は聞こえませんが、中高域の透明感、解像度を悪化させる傾向にあります。
ブレイムスHQA-450NSは高周波ノイズを含まない電源で駆動されています。


DC/DCコンバーターのスイッチングノイズ
通常カーオーディオのパワーアンプは、本体内部にてバッテリーからの電圧 (13.8V)を昇圧させ、正負の直流電圧(例+30V/-30V)に変換しています。
この昇圧させる時に必要な回路がDC/DCコンバーターで、バッテリーからの電圧(13.8V)をスイッチング(パルス波)してトランスに導き、巻数比に比例した出力電圧を整流して正負の直流電圧を得ています。
その時に発生するパルスノイズが音質に悪影響を及ばします。パルスノイズは電源ラインに混入したり、ラジエーション(空中からの飛び込み)でパワーアンプの増幅回路に影響を与えます。
下のグラフの波形は通常のDC/DCコンバーター搭載アンプとブレイムスHQA-450NSの出力波形をオシロスコープで測定したものです。
上側の波形はDC/DCコンバーター搭載アンプ、Peak to Peakで約180mV、周波数が31.25KHzの高周波パルスノイズが出ています。
このノイズ波形が実際のオーディオ信号に乗るのでサウンドに悪影響を与えます。特に高域の解像度が悪化する傾向です。
下側の波形はHQA-450NS、ほとんどノイズが出ていません。HQA-450NSのハイクオリティーサウンドは測定データーでも実証されています。


主な仕様
定格出力           25W×4ch(4Ω負荷)
               40W×4ch(2Ω負荷)
周波数特性      10Hz?100KHz(+0/-0.6dB)
入力感度                0.5V?4.0V
入力インピーダンス             10KΩ
歪率      0.03%以下(4Ω×4ch,1KHz)10W時
S/N比             98dB以上(JIS-A)
チャンネルセパレーション    80dB以上(1KHz)
負荷                   2Ω?8Ω
利得                    26dB
電源電圧               10.5V?15.4V
アイドリング電流         400mA(13.8V)
最大電流                  9.3A
サイズ(W×H×D)     178mm×50mm×140mm
重量                    1.4Kg

ブレイムスパワーアンプHQA-450NS
商品コード: AMP_Braims_HQA-450NS

ブレイムスパワーアンプHQA-450NS

販売価格77,000円 (税込83,160円)
購 入 数 【重要】購入数の単位について

カゴに入れる

このページのTOPへ